みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >ライフスタイル
  3. >意外とツラい〝天気痛〟を緩和してく…

意外とツラい〝天気痛〟を緩和してくれるアメイズプラスの『天気痛ブレス』(2018.01.12)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/鈴木拓也のクラウドファンディング・ウォッチャー

3人に1人が経験する天気痛を緩和する『天気痛ブレス』とは?

「古傷が痛むと雨が降り出す」といった、天気と身体の不定愁訴を結びつける、言いまわしめいたフレーズは昔からたくさんあった。これが「単なる気のせい」ではなく、医学的に説明がつくようになったのは、比較的最近のことである。例えば、気圧の変化が交感神経を興奮させて痛覚系を刺激し、慢性痛が悪化する、といった仕組みが解明されつつある。

気象が関与する病気を「気象病」と総称するが、その症状にはめまい、気分の落ち込み、喘息、低血圧などが挙げられる。特に天気の変化で悪化する痛みを「天気痛」と呼び、日本人の3人に1人は天気痛を経験したことがあるという。

この痛みを抑えるために、この分野の第一人者の佐藤純教授(愛知医科大学医学部)と、鍼灸師の若林理砂院長(アシル治療室)の監修のもと開発されたのが、『天気痛ブレス』。

3人に1人が経験する天気痛を緩和する『天気痛ブレス』とは?

『天気痛ブレス』は、腕時計に似た形状のシリコンゴム製の製品で、多数の突起物のある部分(下写真)を、手首の内関(ないかん)とよばれるツボにあてるように装着する。装着後は、1時間に数回、上から軽く押すだけという簡単な使い方で効果を発揮する。

3人に1人が経験する天気痛を緩和する『天気痛ブレス』とは?

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。