人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.12

つけている感じがしない!長時間、快適に着用できる画期的なマスク用アタッチメント『マスカル』

■連載/鈴木拓也のクラウドファンディング・ウォッチャー

あと1か月もすると、スギ花粉が飛散しはじめ、花粉症持ちにはつらい時期がやってくる。主症状となるくしゃみや鼻水を回避するため、マスクの装着が欠かせないという人も多いだろう。症状が重い人になると、寝ている時間も含めて1日20時間近くつけっぱなしのことも。しかし市販のマスクは、そこまでの長時間装用を想定していないため、つけているとどうしても不快感が勝り、特に耳が痛くなる。

マスクを長時間つけていても、そんな不快感が生じないようにするアタッチメントが、今回紹介する『マスカル』という商品だ。

『マスカル』は、白くて柔軟性のある、鼻あて、フレーム、耳あてからなる、メガネに似た構造をしている。素材は、鼻あてと耳あては非常に柔らかいシリコンゴムで、フレームにはやや硬めの66ナイロンが使われている。重さは11.8gと非常に軽い。

つけている感じがしない!長時間着用もOKのマスク用アタッチメントが新登場

『マスカル』は、市販のマスク(ワイヤー入りで幅広のもの)に装着することで効果を発揮する。まず、マスクのワイヤーが入っている部分の中央に折り目をつける。それからマスクのゴムひもを耳あての突起部に引っ掛けてから、鼻あての中央部がマスクの折り目にくるよう位置調整する。そして、『マスカル』の耳あてを、耳の下をくぐらせるように装着してから、マスクを顔にあてる。『マスカル』の部材は非常にソフトなため、自身の顔にうまくフィットできる。

つけている感じがしない!長時間着用もOKのマスク用アタッチメントが新登場


『マスカル』の説明動画

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ