みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >ストレートネックを予防するウェアラ…

ストレートネックを予防するウェアラブルデバイス『alex』(2018.01.12)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/鈴木拓也のクラウドファンディング・ウォッチャー

長時間のスマホ使用で、頭痛や肩こりなどを引き起こす「スマホ首」が問題になっている。一説によると、スマホを所有している成人の約8割がスマホ首にかかっているか、その兆候があるという。

スマホを使っているときは、ついつい俯いた姿勢になってしまうが、これがスマホ首を引き起こす素因となる。大人の頭部はボーリングの球1個分(約5kg)の重さがあるが、スマホの画面を見て前傾姿勢になると、その負荷は3倍になる。そのため首の筋肉が常に緊張状態となり、様々な不定愁訴をもたらす。さらにスマホ首が進行すると、頚椎のカーブがなくなってしまうストレートネックになり、肩こりなどが慢性化してしまう。

スマホ首を治すには、いくつかの方法がある。過緊張となっている胸鎖乳突筋のストレッチ運動をする、テニスボールを首の後ろにあててマッサージする、大きく湾曲した竹枕で寝るといったものである。いずれも効果はあるが、今回紹介する『alex』は、既にかかってしまったスマホ首を治療するのではなく、スマホ首になるのを予防するという、画期的な製品である。

『alex』は自重が25gのウェアラブルデバイスで、黒いメガネのような形状をしている。ただしメガネと違い、あてがうのは首の後ろで、両端のつる(レッグ)で後ろから耳にひっかけて固定する。

「スマホ首」を“予防する”ありそうでなかった世界初のウェアラブルデバイス登場

『alex』本体には、首の角度をモニターするセンサーとバイブレーターが内蔵されている。装着時に、首が一定以上の角度・時間曲がり続けると、バイブレーターが細かく振動して、スマホ首姿勢になっていることを警告するという仕掛けになっている。首を正しい位置に戻せば、振動は止まる。「振動→姿勢を直す」を繰り返しているうちに、『alex』がなくても正しい姿勢が身につくようになるが、それには1日4時間の装用を半年続けるのが目安となる(最初の3週間あたりから、徐々に効果は体感できる)。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。