人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.12

仕事の空き時間を上手に活用しよう!出張ランニングのススメ

■連載/星野知大のBike&Run快体進書

 年末から年始にかけて楽しいイベントが続いた後のこの時期は、高カロリーな食事やお酒を飲む機会も増え、体重が増えてしまいがちなシーズン。また、春から秋まで続けてきたランニングやサイクリングの運動習慣も寒さに負けて中断しがちで「気がついたら冬太りしてしまっていた…」という人も多いのではないだろうか?

「ダイエット効果を高めるには、長距離や高強度な運動を無理に一回だけ行なうよりも、周りの景色を楽しみながら走れる程度の強度・時間の運動を定期的に行うことが大切です」と話すのは、自身もランニングやトライアスロンを楽しむ“走る”整形外科医の蔵本理枝子さん。

 医師になった14年前から走り始めて、東京マラソンや村上・笹流れ国際トライアスロン大会などに積極的に参加。現在も医師・家庭の主婦・子育ての忙しい時間の中でランニングを趣味として続けている。

 1日30分程度のランニングを週3日続けていくだけでも冬太り解消に効果的だが、毎回自宅近くのコースを走ってばかりでは飽きてしまう。そこで蔵本さんがオススメするのが、出張先の空いた時間を活用して楽しむ“出張ランニング”だ。

 初めて見る景色を楽しみながら走れば、新鮮な気分で飽きずに運動を続けられ、さらに朝の運動によって血流が良くなることで仕事モードへのスイッチが入りやすくなるなど、ビジネスにもいい影響を及ぼすこと間違いなしだ!

冬太り解消に効く!仕事モードのスイッチが入る!!“出張ランニング”のススメ 
観光気分も味わえる出張ラン。トレーニングアイテムを使えばより高い効果も期待できる

■まずはウォーキングでOK。景色を楽しみながら走れるペースで30分程度続けよう!

 今まであまり走る習慣のない人は、まずはランニングではなくウォーキング程度のスピードから始めてみるのもいい。この時、身体の中の脂肪が燃焼しやすくなる30分程度の時間は最低動き続けることを心がけよう。

 運動時間30分程度なら、いつもより1時間ほど早く起きれば運動後にシャワーを浴びる時間も確保できる。無理に2~3時間前に起きて寝不足になりながら「本格的なトレーニングをしよう」と気張るのではなく、30分程度「近くの観光ポイントでも見にいこう」と気軽に考えるのが、出張ランニングを楽しむコツだ。

「30分程度のランニングでも、週3回程度続けていれば体脂肪・内臓脂肪が減り、心肺機能を十分に鍛えることができます。また、血圧・血糖値・脂質異常も改善され、生活習慣病の予防にも効果があります」と蔵本さん。

 さらに、筋肉は1kgにつき1日最大50kcalを消費すると言われているので、出張ランニングで筋力量を増やすことで「エネルギーを消費しやすい=痩せやすい身体」を手にすることができるのだ。

冬太り解消に効く!仕事モードのスイッチが入る!!“出張ランニング”のススメ
電車やクルマ移動では感じられない街の魅力を味わえるのも出張ランニングの魅力。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ