小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ネイティブもうんざり!?ほとんどの日本人が間違える英語表現

2018.01.12

名詞だけでなく、ちょっとした挨拶や定型的な言い回しでも、墓穴を掘りかねないものがある。例えば―

●See you again.

英会話を習い始めた日本人の大多数が、「”See you.”だけだとぶっきらぼうかな」と余計な気を回してドツボにはまってしまうのが、「See you again.」。「ではまた」という気軽な意味合いが、againが加わったことで「もう会えないかもしれないね、さようなら」という意味を帯びてしまう。もし「See you.」のあとに何か1語付けたしたいなら、「See you later.」とか「See you soon.」としたい。

●Don’ t mind.

文法的に間違いないし、「ドンマイ」という外来語があるので、英語圏には「Don’ t mind.」(「気にしないでください」)なる表現があるはず、と思っていたら大間違い。これは全く通じない表現で、「Don’t worry about it.」が、最も近い意味合いの表現となる。

●Let’s ~~.

多くの日本人は、「Let’s」を単に「~しましょう」程度の意味にとらえて、多くの間違いが生じている。実は「Let’s」には、そう言っている話し手も参加する前提で、相手に何かを勧める意味がある。例えば「Let’s go to Hokkaido.」と言った場合、そう言った人も北海道に行くことになる。しかし、観光パンフの英語翻訳版には、話し手が参加するつもりのない「Let’s」表現をよく見かける。

●Please once more.

英会話ビギナーが、相手の言っていることが聞き取れないときに連発しがちなフレーズ。これだと、相手の発言を理解しているが、「もう1回言ってみて」とねだっている意味不明なシチュエーションになってしまう。「Could you repeat that?」や「What was that again?」といった表現が無難だが、もっと簡潔に「Excuse me.」でもよい。ちなみにアラフォー世代以上が学んだ「Pardon?」は、丁寧ではあるものの、古びた言い回しになっている。

とまあ、挙げてゆけばキリがないが、誰でも知っている単語や言い回しこそ、英会話教室の講師に確認したり、念のため辞書を見るクセをつけたい。それを習慣づけることで、着実に英語力は向上してゆくはずである。

参考資料:
『恥ずかしい和製英語』(スティーブン・ウォルシュ/草思社)
『和製英語事典』(亀田尚己、青柳由紀江、J・M・クリスチャンセン)
『日本人の9割が間違える英語表現100』(キャサリン・クラフト著、里中哲彦訳/筑摩書房)

文/鈴木拓也

老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。