人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.12

ネイティブもうんざり!?ほとんどの日本人が間違える英語表現

日本人なら絶対間違える!ネイティブがうんざりする英語表現

英語学習において、外来語として定着しているカタカナ単語ほど怖いものはない。日本人が長く使っているうちに、英語圏での本来の意味とかけ離れてしまっていることがよくあるからである。例えば、「diet」(ダイエット)はもともと「食事療法」の意味で、この言葉が日本に入ってきた時は、その意味で使われていた。しかし、次第に「食事療法」の意味だけでなく、「身体トレーニング」の意味でも使われるようになった。

数年前に流行した「巻くだけダイエット」や「歩くだけダイエット」などの「~~だけダイエット」という使い方はその典型だが、英語圏では変に思われる。また、「チャレンジ」という言葉は、日本では「(何かに)挑戦する」という意味合いでもっぱら使われているが、英語圏では微妙に違う。「challenge」は、動詞であれば「(誰それに)挑む」、名詞であれば「難題」という意味で使うことが多い。日本人のイメージする「チャレンジ」は、英語圏では「try」に近い。

こうした外来語の誤用を防ぐには、一にも二にも辞書を開いて、その語義を確認することである。

もっとやっかいなのは、一見すると外来語、しかしその正体は日本人が創作した「なんちゃって英語」、つまり和製英語である。英語風の専門用語やネーミングをカッコいいと思う日本人の性格を反映して、これまで幾多の和製英語が発明されてきた。前述した、語義が変質しただけの外来語は、「英語としておかしいけど、言わんとすることは理解できる」ものが多いが、和製英語になると意味がさっぱり分からないばかりか、話者の品位を疑われるようなものもあって始末が悪い。致命的なものを、いくつか挙げてみよう。

日本人なら絶対間違える!ネイティブがうんざりする英語表現

●スキンシップ

かなり英語ができる人でも、「skinship」という英単語は存在すると勘違いしていることが多い。実はこれ、100%ピュアな和製英語。ネイティブスピーカー相手にこの単語を使うと、「skin」+「ship」で「人間の皮で作った船?」と誤解を受ける。日本人が考える「スキンシップ」にあたる意味を、強いて英語にするなら「mother-child bonding」となる。

●ペーパードライバー

英米人への自己紹介なんかで「I’m a paper driver.」と話したら、相手は「紙製の運転手っていったい…」と、頭の中でハテナマークが幾つも出てくることになる。ここは「I’m a driver in name only.」が正解。

●カレーライス

日本に1回でも観光旅行に来た英米人であれば、「カレーライス」と聞いてどんなものか想像できるかもしれない。しかし、そうでない人にとっては「カレーという名称の米の品種」か「カレー専用の米」と思われてしまうだろう。

●マイブーム

気のおけない会話でも「my boom」という表現を使ったら、相手に「自分の人気が急上昇って、なんの話?」と怪訝な反応が返ってくるはず。もっとも日本国内でも、「マイブーム」は死語になりつつあるが…

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ