みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >気づかないうちにやってない?自覚し…

気づかないうちにやってない?自覚しにくいお金のムダ遣い3パターン(2018.01.11)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気づかないうちにやってるかも?!お金の無駄遣いパターン3つ

「お金の無駄遣い」は、誰もが自ら進んで行うものではない。しかし、自覚がないまま、実は無駄遣いになっていたということはよくあることだ。なぜ気づかぬうちに無駄遣いしてしまうのか。ファイナンシャルプランナーに聞いてみた。

■自覚しにくいお金の無駄遣いパターン3つ

気づかないうちにやってるかも?!お金の無駄遣いパターン3つ

お金の無駄遣いといっても、さまざまなパターンがある。ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんに、自覚しにくい無駄遣いパターンを3つ挙げてもらった。

1.「ちょこちょこ買いの積み重ね」による無駄遣い

人は3万円のコートを買ったなど、数万円程度の買い物については「お金を使った!」という感覚が残りますが、コンビニで買うお菓子、カフェで買うコーヒー、ドラッグストアで買うリップクリームなど、1回の使用金額が数百円程度の買い物については、何気なく使っている人が少なくありません。

チリも積もれば山となるというように、1回の買い物の金額は小さくても、積み重なると1ヶ月で数万円にものぼることも。朝晩カフェに寄ってコーヒーをテイクアウトする習慣がある人などは要注意です。

2.「人に流されてなんとなく買ってしまう」ことによる無駄遣い

友人などと買い物に行った際、特に欲しい物がないのに友人が買い物をしているのを見て、なんとなく自分も買ってしまう。特にアロマには興味がないけど、友人がアロマ教室に通うみたいだから、とりあえず自分も通う。

このように、人に流されやすい人は、買った後に「無駄遣いだった!」と後悔するケースが多いようです。この手のタイプは、クレジットカード入会の勧誘なども受けやすく、無駄な入会金や年会費を支払っている傾向もあるようです。

3.「面倒くさがりで現状に甘んじてしまうタイプ」の無駄遣い

休日は銀行のATM手数料がかかるのは知っているけど、数百円程度だしまあいいか。携帯電話のプランも見直したほうがお得になるらしいけど、店頭に行くのが面倒くさい。

このように、“面倒くさがりで行動しない人”も無駄遣い傾向にあります。比較的、家計に余裕がある人が陥りやすく、「少しくらいならいいか」と思ってしまうようです。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。