人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.11

超小型、燃料電池、電気飛行機、未来の飛行機はこんなカタチ?

 飛行機が登場してから1世紀が過ぎた。ライト兄弟の初歩的なレベルの飛行機から始まり、今ではA380のような超大型旅客機へと飛躍的な発展をしてきた。

 最近まで、自動車と同様に内燃機関が支配していた航空機にも、電気動力を試すといった、革新の風が吹いている。しかし、何よりも人々の心を引くのは簡単かつ自由に空を飛べる、自分だけの飛行機だろう。レジャー用、またはエアタクシーとしても活用できる未来型飛行機を紹介する。

■一人乗りの自家用飛行機e-Go

一人乗りの自家用飛行機e-Go 一人乗りの自家用飛行機e-Go

 飛行機の維持費用について考える時、見過ごしがちなことがある。それは、保管と輸送にかかる費用だ。最近、初の生産機体がユーザーへと引き渡された『e-Go』は、この問題に悩むユーザーの、救命主となりうる飛行機だ。

 炭素繊維で製作された軽い機体に、ロータリーエンジンを装着し、300メートルの芝生の滑走路だけあれば、離陸が可能である。特に注目したいのは、翼と水平尾翼(カナード)が分離されていること。そのため、一般車に牽引して家の車庫に保管できる。つまり、飛行機格納庫の使用料がかからないということだ。

 仕様をみると約170km/hの速度で531kmの距離を巡航できるという。最大上昇高度は1万フィート(約3000m)であり、+4〜-2Gの機動ができる。しかも110kgの体重の乗客と15kg相当の荷物まで、搭載可能である。飛行中に計器板を見つめることがストレスなら、コンピューターに全部任せて、コントロールだけに集中できるというところも魅力的である。価格はおよそ5万ユーロから。

■18個のローターの、ヘリか? ドローンか!?

18個のローターの、ヘリか? ドローンか!? 18個のローターの、ヘリか? ドローンか!?

 まるで、異星人の宇宙船のようでもある『Volocopter』は、垂直離/着陸が可能であり、空中で停止状態のまま浮揚する、“ホバリング”ができ、より自由な飛行が可能だ。

 9つの個別バッテリーを使用し、電気モーターで作動するこの機体は、450kgの離陸重量と約100km/hの最高速度という高性能だ。

『Volocopter』は複雑な見た目をしているが、誰でも容易に操縦できる。個人飛行の大衆化がコンセプトなので当然な結果ではあるが。

 無人/遠隔操作テストだけしてきた開発会社e-Voloは、最近、初めて有人試験飛行を実施した。これは『Volocopter』が自律飛行能力も持っていることを証明したところでもある。プロジェクトが順調に進めば2年内で本格的に販売されるとみられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ