人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.11

ホムパや家呑みにピッタリ!簡単に作れる「泡ツマ」レシピ

話題のシャンパンおつまみ“泡ツマ”「スタッフドバケット」の魅力とは?

近年、シャンパンやスパークリングワインなどをよく目にするようになった。ホームパーティーのブームもあり、気軽に特別感を添えられるいわゆる“泡系”アルコール飲料は、ますます上り調子のようだ。

そんな泡系に合う、オシャレなおつまみ「泡ツマ」も同時に注目を集めている。中でも、今じわじわと話題の「スタッフドバケット」の魅力や作り方について、シャンパンカフェの店主に聞いてみた。

■「スタッフドバケット」とは?

スタッフドバケットとは、フランスパンをくり抜いて中に具材を詰めたもの。クリームチーズやポテトサラダ、野菜、ドライフルーツなど好きな具材を選べる。また、切って並べれば見た目もオシャレだ。

そのスタッフドバケットの魅力を、シャンパンカフェ「bubbles ginza –champagne café– (バブルズギンザ シャンパンカフェ)」の店主・中野 卓さんに挙げてもらった。

・フランスパンをくり抜いて好きな具材を詰めるだけの手軽さ。
・詰める具材に決まりがないため、アレンジの幅が広いこと。
・色鮮やかな具材を詰めれば切り口が美しく、見栄えがよいのでパーティーやおもてなしに最適。
・詰める具材によって前菜からメイン、デザートまでアレンジが可能。
(デザートにはクリームチーズやドライフルーツが合います)
・持ち運びも簡単なので、お弁当にも最適。
・冷凍保存もできるので急な来客にもすばやく提供可能。

見栄えのオシャレさだけでなく、手軽で簡単、持ち運びもできるという多数のメリットがあるようだ。

■スタッフドバケットの作り方

フランスパンの中に具材を詰めるというが、果たしてどのようにして作るのだろうか。中野さんにスタッフドバケットの基本的な作り方を教えてもらった。

●スタッフドバケット「アボカドとシュリンプ」の作り方

スタッフドバケット「アボカドとシュリンプ」

【作り方】(材料フランスパン1本分)

1.フランスパン(1本)は四等分にカットし、それぞれナイフを使って中身をくり抜く。

2.食感が残る程度に小さく切ったアボカド(2個)と、ゆでて粗みじんにしたエビ(120g)、みじん切りにした後、水にさらし辛みをとった玉ねぎ(50g)をボールに入れる。

3.2にマヨネーズ(大さじ4)、牛乳(小さじ1)、レモン汁(小さじ2)、塩とこしょう(適量)、粗びきこしょう(適量)、イタリアンパセリ(少々)、くり抜いたパンを小さくちぎって入れ、よく混ぜる

4.1のフランスパンに3を詰め、冷蔵庫で2時間程度寝かしてからカットし、オーブントースターで軽く焼く。

●ポイント

「詰める具材は、“シーチキン×明太子ソース×マヨネーズ”や、“クリームチーズ×生ハム”など、お好みで構いませんが、水分の多い具材はフランスパンの食感がべちゃっとならないよう、くり抜いたパンをちぎって加え、余分な水分を吸わせるといいですよ」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ