人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

優しい光で起こしてくれる目覚まし時計『inti SQUARE』で爽やかな朝を迎えられるか?

2018.01.11

◆フックを利用すれば壁掛け式にすることも可能

『inti SQUARE』の裏面にはスライド式のスタンドが付属しており、本体を設置する際の角度を調整することができる。

それ以外にも、フックをかけるためのホールが設けられているので、別売のフックを壁に取り付ければ本体を引っ掛けることも可能だ。

■『inti SQUARE』を使用してみて感じたこと

この記事を読んでいる人が1番気になるのは、この『inti SQUARE』を利用して爽やかに起きれるようになったのか?という点だろう。この点については、「まだ使用し始めて1ヶ月程度であること」「あくまで個人の感想であること」を前置きした上で述べると「爽やかに起きれるようになった気がする」が私の感想である。私の場合はもともと寝起きが悪い方ではないので、劇的な変化があることを期待できない部分がある。ただ、これまでときおりあった寝起きの際の不快感は和らいだ気がするので、その点では『inti SQUARE』による効果はあったと言えるかもしれない(もちろんプラセボ効果の可能性も否定できないが)。製品説明の中でも、効果の現れる時期には個人差があるとされているので、使用を続ける中でさらに変化があるのかもしれない。

■『inti SQUARE』を使用する際の注意点

『inti SQUARE』を設置する場所は自分の横に来るよう置くことをお勧めだ。というのも、それにより『inti SQUARE』の光が目を通して脳に届くからである。この製品が効果を発揮するには発する光が脳に届く必要があるが、発する光自体は直線的であり部屋全体を明るくするところまでは及ばない。したがって発する光が顔のなるべく正面に来るように工夫してやる必要があるのだ。顔の目の前に本体を吊り下げることができればもちろん言うことなしだが、それは現実難しいと思うので、『inti SQUARE』の発する光が顔に当たる位置をうまく探してもらいたい。

■『inti SQUARE』を購入するには?

『inti SQUARE』の価格は税抜き24,814円。なお、一定の条件の下で全額返金保証制度も使えるとのこと。高価な製品ということもあるので、効果に不安がある場合は制度の条件を確認した上で試してみるのもいいだろう。なお、購入は楽天市場から行うことが可能だ。

text/Wataru KOUCHI

趣味は合唱、読書、語学、旅行、美術館巡り、雑貨屋探索etc...日本、海外の雑貨やガジェット、デザインコンセプトの中から思わず「それ、いただき!」と言ってしまうモノ達を紹介するライター。

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。