人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.11

なぜストレスがたまるとお腹を壊すのか?

ストレスでお腹を壊したときの対処法と予防法

 ストレスでお腹を壊した経験はあるだろうか? ある調査によれば、ストレスをためている人の中には、お腹の調子も悪いと悩む人が4割もいることがわかっている。ストレスとお腹の調子は密接にかかわっているようだ。そこで、ストレスでお腹を壊す理由と対処法と予防法を見ていこう。

■ストレスを感じている女性はどれくらい?

 グリコが行った、働く女性のストレス事情とお腹との関係についての調査によれば、調査対象となった女性社長とOLのうち、仕事でストレスを感じている割合は、70%にも及んだ。女性社長のほうがややストレスが弱かったものの、OLは「給料が安い」ことや、「上司との人間関係」、「今後の成長性」、「同僚との人間関係」、「長時間労働」などが悩みとして挙がっていた。一方、女性社長は「売り上げや収益性」、「今後の成長性」、「給料が安い」などが悩みとして挙がっていた。

 いずれも、それぞれに悩みを抱え、ストレスをある程度感じているようだ。また、仕事でストレスを感じている人で、同時にお腹の調子で悩んでいる人は、39.1%と思いのほか多い結果に。一方、ストレスをまったく感じていないが、お腹の調子で悩んでいる人の割合は2.9%だった。このことから、ストレスがお腹の調子にある程度かかわっていることが分かる。

■ストレスでなぜお腹を壊す?

 ストレスは、お腹の調子を悪くするだけでなく、お腹を壊す程度にまで発展させることがある。「機能性便通異常」と呼ばれるものだ。ストレスは腸の運動を乱れさせる。そして大腸のぜん動運動が活発になると、消化が早まってしまう。すると、水分が十分吸収されないまま、排泄されてしまうのだ。なぜストレスがそこまでお腹に影響を及ぼすのか。それは、脳と腸が密接につながっているからだといわれている。

■ストレスでお腹を壊した! どうする?

 では、実際、ストレスでお腹を壊してしまった場合、どうすればいいのだろうか? ストレスが原因と分かったら、やはり根本原因となるストレスや悩み、心配事を解消解決することが先決だ。その上で、食事や生活習慣を見直す必要がある。

 食事はできるだけ胃腸に負担をかけないように、食べ過ぎるようなことは避けたい。お腹を壊した場合は、冷たい飲み物は控えよう。また、その他、食物繊維を一日25g以上は食べておく必要があるといわれている。また、乳酸菌やビフィズス菌の多い食品も必要。もちろん、ぐっすり寝ることも大切だ。(参照:12

 普段から、ストレスによってお腹を壊さないようにするには、まず過度のストレスを対処しよう。適度な運動も必要不可欠。ぜひ日頃から意識してみよう。

取材・文/石原亜香利

※記事内のデータ等については取材時のものです。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ