人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

インテリアとしても使えるお洒落なボードゲーム6選

2018.01.11

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

ボードゲームというのは簡単に盛り上がれる画期的な発明だと思う。一方で、場所を取るので収納する場所にも悩むのが難点であったりする。使用していない時間の方が大半のモノだけにその悩みは少なくない。そこでお勧めするのが今回紹介するボードゲームたち。今回紹介するボードゲームたちはどれも、素材、カタチを工夫することで、インテリアとしても通用するデザインを有したモノたちだからだ。これなら目に見える場所に出して置けるので、インテリアとして使用することができ、収納の悩みも解決する。

■試合ごとにデザインが変化する『displaying』

試合ごとにデザインが変化する『displaying』

試合ごとにデザインが変化する『displaying』 試合ごとにデザインが変化する『displaying』

minna氏と樋口裕司氏の共作である『displaying』はリバーシ、日本でいるオセロである。だが、特徴的なのはそのデザイン。例えば「sora」と呼ばれるバージョンの場合、コマの片面には白い雲が描かれていて、その反対面には青い海に鳥や飛行機が描かれている。つまり、一方が大勝ちするれば辺り一面の雲、もしくは海が、そうでなければ雲と(雲の隙間から見える)海が混じった光景が出来上がる仕組みになっている。ゲームが終わった後も、その時の状態が完成したパズルのようなものなのでそのままディスプレイすることができるというわけだ。持ち主は出来上がりのディスプレイを計算して戦略を組み立てる、なんていう新しい駆け引きが生じるがしれない。ちなみにもうひとつのバージョンである「nohara」は片面が緑の葉と茎、反対面が花となっている。価格は税抜3,900円で「blancoron」のオンラインストアから購入することができる。

■妖しく煌る駒たち『LED Chess Set by LumiSource』

妖しく煌る駒たち『LED Chess Set by LumiSource』

『LED Chess Set by LumiSource』はチェス盤と駒がセットになった製品だが、チェス盤に置くと駒がLEDで発光する仕組みになっている。ゲーム中は駒が点滅を繰り返すことになるので、ちょっと不思議な雰囲気を醸し出す。照明を消してゲームを行えば、目に入るのは盤上の駒だけ(相手の表情すらも見えない)ということになり、よりゲームの中に没入できるのではないだろうか。以前は複数のカラーバリエーションもあったようだが、2016年12月31日現在発売されているのは白と青の2色に発光するタイプのみのようだ。価格は96ドル(約11,000円)。「FANCY」で販売されている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。