人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.10

眼科医に聞く「疲れ目」「かすみ目」の原因と対策

■【専門家取材】眼科医が語る、疲れ目・かすみ目の原因と対策

さらに今回は、だんのうえ眼科・二子玉川院 院長の大島由莉先生に、疲れ目・かすみ目の原因や、目薬の選び方について聞いた。

今回の調査結果と同様、実際に診療をしていても、目の疲れやかすみを訴える人は増えている印象がある。ただし、同じ疲れ目・かすみ目でも、その原因は人によってさまざま。中でも、次の3つは、目の疲れ・かすみの原因として当てはまるケースが多いポイントと言える。

●パソコンやスマートフォンによる目の酷使
近年は、年代問わずパソコンやスマートフォンを長時間利用する人が増えている。しかし、同じ画面を長時間見続けていると、どうしても目の疲れにつながってしまうことに。また、最近は「スマホ老眼」という言葉も出てきている通り、小さな画面をずっと見ているとピント調節機能が低下し、老眼のようにモノがかすんで見えることがある。目が凝っているような感じがしたり、目の奥がズッシリと重くなったりする人、さらに目のピントがあいづらくなる時がある人は、自分が思っている以上に目を酷使している可能性があるので注意しよう。

●目の乾燥や、それに伴う角膜ダメージ
また、コンタクトやエアコンなどが、疲れ目の原因になることがある。というのも、コンタクトを長時間つけていたり、エアコンなどで空気が乾燥している場所に長時間いたりすると、目を守っている涙の量が不足して、目に負担がかかってしまうのだ。さらに、目が乾くと、目を守る涙のバランスが崩れて表面が傷つきやすくなるため、そのまま放置すると角膜のダメージにつながるほか、ピントがあわせにくくなり、目がかすむ要因にもなり得る。日常的に、目がパサパサする感じがある人は、知らず知らずのうちに、目が乾いている可能性が。特にコンタクトユーザーの方で、目がゴロゴロしたり、コンタクトが引っかかる感じがしたりすることがある人は、すでにドライアイの症状が出ているので、早めに目薬をさすか、コンタクトを外して休むことをおすすめする。また、ドライアイがひどくなると、目の表面がチクチクと痛むこともある。

●加齢による変化
さらに、避けては通れない「加齢」も目の疲れやかすみの原因になる。まず、40代~50代になって老眼が進んでくると、頻繁にピントの調節が必要になり、目に大きな負担がかかってしまう。また、同じく40代~50代は、目やにの量も増えてくるタイミング。そのため老眼で目がかすむだけでなく、目やにでモノがかすんで見える、ということにもつながってくる。老眼でピントがあいづらく目がショボショボする人や、昔と比べて目やにが増えたと感じる人は、加齢が原因で疲れ目・かすみ目が生じている可能性がある。

■疲れ目・かすみ目「原因早わかり」チェックシート

【調査概要】
調査期間:2016年11月18日(金)~11月22日(火)
調査対象:20~70代の男女600名(年代・性別 均等割付)
調査方法:インターネット調査

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。