人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.10

おにぎりの具はさけ、昆布、ツナマヨがなぜ人気なのか?

鮭・ツナマヨ・昆布…みんなのおにぎり事情!その理由を専門家に聞いてみた

 普段何気なく選び、食べているおにぎり。コンビニなどでよく選ぶお気に入りの具があるという人も多いのでは? いくつかのアンケート調査では、好まれるおにぎりの具がはっきり現れている。その日本人が好む定番の具と、それぞれの人気の理由や、おいしさの魅力を専門家に伺った。

■日本人はどんなおにぎりがお好き?

 2014年度に一般社団法人おにぎり協会が行った「おにぎり調査」で、主要コンビニエンスストア3社で人気のおにぎりが判明している。セブン-イレブンでは、ツナマヨや紅鮭、赤飯がベスト3に入った。一方、ファミリーマートは焼き鮭、ツナマヨ、昆布がランクイン。ローソンもツナマヨ、昆布、焼鮭ハラミが人気だという。

 また、マイボイスコムが2015年7月に行ったおにぎりに関する自主調査では、好きなおにぎりの具のランキング結果が分かる。1位は鮭で67.8%、2位はたらこで47.8%、3位は辛子明太子で45.5%、4位はツナマヨネーズで43.0%、5位は昆布で42.3%となった。おにぎりの具で最も素朴といえる梅は6位の40.0%となった。

 ちなみに、地域別では、北海道はいくら、東北は焼きおにぎり、中部は天むす、九州は高菜などが目立っていたという。

■そもそもおにぎりっていつからあるの?

鮭・ツナマヨ・昆布…みんなのおにぎり事情!その理由を専門家に聞いてみた

 ところでこの日常的に食べているおにぎりは、いつから日本で食べられているのだろうか? おにぎりの日本における発祥は、平安時代に食されていた「頓食(とんじき)」だったという。頓食とは、玄米を「強飯(こわめし)」と呼ばれる、蒸し上げてつくるものを、卵形に握り固めたものだ。もちろん、今のおにぎりのように、海苔は巻かれることはなかった。その後、戦国時代には携帯食として使われていたそうだ。

 海苔が巻かれるようになったのは、江戸時代の元禄時代だといわれている。これが、現在のおにぎりの形の発祥のようだ。そんな日本に古くから根づくおにぎりは、腹持ちもよく、中に具を入れられることから栄養面も補てんでき、携帯食としても便利で手軽に食べられるところも魅力だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ