人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一世代前の液晶タブレットPCを選ぶメリット、デメリット

2018.01.09

 そこでまずは本誌編集部に相談してみる事にしました。

筆者「現在使っているパソコンが、もし壊れたら絵が描けなくなるので、液晶タブレットPCの予備機も予め用意しておかないとダメですよね?」

編集部「投稿記事なんだから、そもそも原稿の締め切りなんて無いから、ネギだけでじゅうぶんですよ!」

筆者「で……でも今使っているパソコンが壊れたら、すぐに絵が描けるパソコンを入手しないと、記事の挿絵が描けないですよねっ!?」

編集部「記事に挿絵が無くっても一向に構いませんよ! むしろ邪魔……」

筆者「……分かりました! 早急に挿絵が描けるパソコンの予備機を準備します!」

 …とにかく不測の事態があった場合、筆者の挿絵を楽しみにしている、全国に1~2名は居る読者様を、お待たせする訳にはいきません。

 早急に対策を考える事にしました。

 まず第一の案として…。

●WACOM MobileStudio Pro 16を買い直す。

 一番アホな方法なので却下しました。売った物を買い直すくらいなら最初から売らなければ良かった訳なので。次の案行きましょうー。

 第二の案として…。

●アナログ作画に戻る。

 道具を全て処分してしまったのでコレも却下。なんだかんだ言ってデジタル作画はゴミも出ないし、手抜きをしても如何にも手をかけた様に見せかける裏技が使えるのでラクチンなのです。次の案行きましょうー。

 第三の案として…。

●安価な液晶タブレットPCを探す。

 一見、液晶タブレットが「PC」である必要は無いんじゃないか、と思ってしまいますが、現在使っているパソコンが壊れてしまったら、PC接続でしか動かない「液晶タブレット」は、そもそも使い物になりません。よって単体でも使える、液晶タブレット「PC」である必要があります。

 液晶タブレットPCとしてまず筆頭に上がるのは先述のWACOM MobileStudio Pro 16/13ですが、新品だと2~30万円はするのでとても高くて再び買えません。


https://store.wacom.jp/wacom-mobilestudio-pro

 では、中古品だとどうだろう、と思って探してみたものの、最上位機種のWacom MobileStudio Pro 16 i7 512GBだと、新品価格 37万5840円の所、中古品価格は大体20万円代後半といった所。まだまだ予備機の価格としては高すぎます。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。