人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.09

西郷どんは何位?好きな幕末・明治維新の偉人ランキング

2018年は、日本の歴史を大きく変えた明治維新150周年。記念企画が各所で予定されている。メディプラス研究所「オフラボ」は、幕末・明治維新の偉人とストレスレベルに関する調査結果を分析。第一弾では、30人の幕末・明治維新の偉人から好きな人物(複数回答)や抱いているイメージをストレスレベル(高ストレス・低ストレス)で分析した。

★圧倒的人気は、話題の「坂本龍馬」

男女とも圧倒的人気だったのは、今、教科書からその名前が消えるのではないかと取り沙汰されている「坂本龍馬」。ストレスレベル別では、男女とも低ストレス者の好意度が高い結果だった。また女性ならではの特徴だったのは、高ストレス・低ストレス共にTOP5入りした「篤姫」。

ストレスレベル別では、高ストレス者のTOP5に「沖田総司」「土方歳三」、男性第7位、女性第6位に「近藤勇」と、“新選組”の志士がランクイン。農民出身者が武士として認められるという乱世ならではの大出世への憧れか。幕府に忠心を尽くすも、朝廷の敵というレッテルを貼られ最期を遂げる、「報われない」エピソードに自身を重ねている様子もうかがえる。低ストレス者が好きなのは、高ストレス者との比較でも好意度が高かった「坂本龍馬」を含め、「勝海舟」「西郷隆盛」「吉田松陰」などの開国派。常識にとらわれない自由な発想や自身の正義を貫く姿勢、あるいは豪胆で何事も受け入れる器など、彼ら自身がストレスオフできていた印象を受ける。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ