人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.09

育毛剤を使うのにベストなタイミングは?

■連載/オンナは男のココが気になる!

「育毛剤は、いつ使うのがいいんですか?」よく聞かれる質問です。こういう場合、まず必ずお答えすべきは、「製品や処方箋に書かれている用法をまずチェック!」ということ。育毛剤には、血行促進のために血管を拡張させる作用のある成分が配合されていることが多いので、その製品にあった用法・用量を守ることが大切です。特に、市販はされていない医療機関専売の育毛剤の中には、こういった成分の配合量が多く、高血圧など一部の方には処方できないようなものもありますので、効果が高い分、注意も必用だったりするのです。

その製品に合った使い方を、というのが大前提ではありますが、多くの育毛剤でよく書かれているのが「一日二回」または「朝夕」という表示。それでもなぜか、「育毛剤は、夜使うもの」というイメージが浸透しているようですね。過去のテレビCMを思い出してみても、なんとなく、お父さんがパジャマ姿で寝る前に頭に振り掛けているような絵が多かったような気がします。

確かに、夜は育毛にとって最も大切な時間と言えます。その理由はいくつかありますが、まず挙げられるのが頭皮の清潔さ。一日の間に分泌された皮脂汚れが頭皮にベッタリはりついている状態では、育毛剤もなかなかしっかり浸透してくれません。髪を洗った後の、清潔、サラサラの状態が育毛剤を使うには理想的なのです。ただ、しっかりと髪を乾かしてから使ってくださいね。濡れたままだと、頭皮が水分で膨潤している状態なので、育毛剤が浸透できないんです。また逆に、脂が頭皮に残っていると育毛剤が浸透しにくいからと、過剰に神経質になって脱脂力の高いシャンプーでゴシゴシ洗う方もいらっしゃるのですが、そこまでは必要ありません。というより、もしかしたら逆効果。ありすぎると困る脂ですが、一方で頭皮を保護するという大事な役割も持っていますので、育毛効果を発揮するための環境作りにはちゃんと一役買ってくれているのです。頭皮がカサつくほど洗浄力の高いシャンプーよりは、やさしい使い心地のシャンプーで丁寧に指の腹でマッサージするように洗うことをお勧めします。ほんの少しの脂で育毛剤が浸透できないなんてことは、ありませんから!

そしてもう一つ、夜が育毛にとって大切という大きな理由には、髪の「元」となる毛母細胞の分裂(生成)が夜だから、という点が挙げられます。「成長ホルモン」という言葉はお聞きになったことがありますでしょうか。諸説ありますが、午後10時から午前2時の間がその分泌のゴールデンタイムと言われ、肌や体のダメージ修復にとても大切な時間帯と言われています。髪も同様に、この時間帯に最も活発に髪の「元」が作られると言われていますので、その前に、育毛剤で頭皮を活性化しておくことが大切なのです。

・・・となると、「夜だけで十分では?朝使うと濡れて面倒だし」と思われますよね。でも、朝使うことにもちゃんと意味があるのです。

とてもシンプルな話ですが、育毛剤は、塗ってから一日中効果を発揮し続けるものではありません。一日2回使用するというのは、それだけでも大きな意味があるのです。また、日中の活動による代謝アップは、育毛にとっても大きな味方。動いたり、食べたものを消化したりという日常生活による代謝も、効果的に育毛に活かしていきたいですよね。

(大事なことなので念のため繰り返しますが、まずはお使いの育毛剤に書かれている用法用量をチェックしてくださいね。もし、1日1回という表示があるものであれば、そういう設計で作られた製品のはずですから、そちらを優先してください。)

「朝使うと髪が濡れちゃうけど、ドライヤーを使ってもいいんですか?」「育毛剤の成分が変質したりしませんか?」これも意外に良く聞かれます。大丈夫ですよ!よっぽどの高温設定や同じ部位に温風を当て続けるというのは頭皮ダメージにつながるという意味で避けていただきたいですが、極端な使い方でない限り、ドライヤーで乾かしたりスタイリングブローをしたりということで育毛効果がなくなったりはしませんので!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ