小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

圧巻の没入感が楽しめる世界初の8K VRヘッドセット『Pimax 8K』

2018.01.06

 現実ではない環境を、理工学的に、ユーザーの五感を刺激して作り出す技術である「バーチャルリアリティ」。

「VR」・「仮想現実」とも言われるこのテクノロジーは、コンピュータの技術が進化する事により、ここ最近特に注目されることとなりました。

 2012年に登場した、ヘッドマウントディスプレイ(HMD、頭部搭載型ディスプレイ)タイプで視覚を刺激するVR装置「Oculus Rift」の登場は、世間一般にバーチャルリアリティへの関心をより一層高めました。

 ちなみに、以前筆者が記事で紹介した、立体映像ゲーム機「VIRTUAL BOY」も、VR装置のひとつです。

あの頃これが欲しかった!任天堂が作った世界初の完全立体映像ゲーム機『VIRTUAL BOY』

 さらに2016年には、PlayStation 4用バーチャルリアリティシステム、PlayStation VRの登場が記憶に新しい所です。
(wikipediaより参照)

 そんな近頃、話題沸騰中のVRシステムですが、ヘッドセットを装着することで完全に仮想現実の世界に浸れるのがVRの真骨頂です。しかし、4K全盛のこのご時世に、主要なヘッドマウントディスプレイのディスプレイの解像度がハイビジョン程度(PlayStation VRで1920×1080、Ocukus Riftで1080x1200ドット)しかなかったため、画面を凝視するとドットが見えてしまい興ざめしてしまうのが悩みの種でした。

 デジタルガジェット全盛のこの時代、ディスプレイが高解像度でドットのあらが目立たなくって仮想現実に没入出来て思わず嬉しくなる、そんな都合の良い商品は存在しないのでしょうか……?

 実はあります。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。