人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.08

20mの高さから撮影できる空飛ぶセルフィーカメラ『AirSelfie』の遊び方

■連載/ゴン川野の阿佐ヶ谷レンズ研究所

高度20mから自撮りできるスマホサイズのセルフィカメラ『AirSelfie』

■Introduction

クラウドファンディングのKickstarterで公開後、わずか72時間で資金調達を果たしたのが、AirSelfie社の提案したポケットサイズの空飛ぶセルフィカメラ『AirSelfie』である。AirSelfie社の共同創設者エドアルド・ストロッピアーナ氏は「これはドローンではない、ドローンのように高画質、高機能を追求するのではなく、もっと気軽に使えるスマホの自撮り棒に代わるものだ」と語る。空飛ぶ自撮りカメラのコンセプトを具現化するためにスマホと一体型の充電ケースを『iPhone 6/6s/7』と『Galaxy S7 edge』向けに用意している。さらに大容量バッテリーを搭載した『Powerbank』もあり、こちらは6時間充電で最大16回の充電に対応する。1回のフル充電で『AirSelfie』は約3分間飛行できる。ケースから取り出して電源をONにするだけで、誰でもすぐに飛ばせるという。

高度20mから自撮りできるスマホサイズのセルフィカメラ『AirSelfie』
フロントに500万画素のカメラを内蔵。画角69度なので26mm相当だろうか。28mmと24mmの間になるのでスマホより、やや広角と言える。

高度20mから自撮りできるスマホサイズのセルフィカメラ『AirSelfie』
充電用のmicroUSB端子が見える。付属ケーブルでUSB充電に対応。

高度20mから自撮りできるスマホサイズのセルフィカメラ『AirSelfie』
底部にはソナーセンサーとカメラフローセンサーが装着されている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ