人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もしもの時に役立つかは○○で決まる!避難袋に入れるべきインスタント麺

2018.01.07

◆サンヨー食品サッポロ一番塩らーめん

サンヨー食品「サッポロ一番塩らーめん」

我が家は親が夜食用にサッポロ一番を買い置きしていたため、夜に小腹がすいたらサッポロ一番をおやつとしてポリポリむさぼることがよくあった。思い出の一品でもある。

チキンラーメンと違って麺に味はついていないのだが、何もつけずにそのままパリポリかじってもアッサリ味のスナックとしてなかなかおいしい。

サンヨー食品「サッポロ一番塩らーめん」

粉末スープの袋を開き、麺を粉末につけて食べるとサラダ味やのり塩味のスナック菓子みたいな旨さだ。食感もハードすぎなくていい。何十年かぶりにやってみたのだが、記憶していたのよりずっと旨い。実際に麺自体の質が向上しているせいもあるのだろう。

◆明星食品中華三昧担々麺

明星食品「中華三昧担々麺」

ノンフライ麺は麺がプラスチック並みにガチガチなので、基本そのまま食べるのに向いていない。しかし今回試しにかじってみたところハードはハードなのだが昔ほどではなくて、乾きすぎた干物程度なので根気よくしゃぶれば食べられることはわかった。

明星食品「中華三昧担々麺」

ただ、ノンフライ麺は油揚げ麺と違って油分がないため旨みが決定的に不足している。やはり生でいくのはやめておいたほうがいいだろう。

だが、お湯が調達できるのであれば麺自体の保存性は抜群にいいので避難袋に入れておくべきだろう。これまでの経験から言うと賞味期限を1年以上過ぎてしまっても味の劣化はほとんどない(食ってんのかよ)。でも、ノンフライに多く使われている液体スープと調味油は粉末スープより劣化が早いのできちんと冷暗所に置いておこう。

明星食品「中華三昧担々麺」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。