人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.06

ミドルクラスのミニバン『ステップワゴン スパーダHV』の使い勝手を検証

今、国産ミニバンの多くを占めるのがミドルサイズのボックス型ミニバン。ステップワゴン、ヴォクシー&ノア、セレナがその3大巨頭。しかし、セレナはS-HV(スマートシンプルハイブリッド)、ヴォクシー&ノアはプリウスα譲りの本格ストロングHVを採用。セレナのS-HVの実態が、本格HVではなくストロングアイドリングストップだとしても、ともにHVをうたうミニバンであり、ユーザーがそこに惹かれて当然である。


ステップワゴン・スパーダHV


ノアHV


セレナハイウェイスターS-HV

つまり、思い切った1.5Lダウンサイジングターボを搭載し、革新的なわくわくゲートを採用するステップワゴンだけがHVを持たなかったのである。しかし17年9月のマイナーチェンジを機に、ついにステップワゴンにもスポーツHV i-MMD採用のHVモデルが追加されることになった。ただし、エアログレードのスパーダにのみの設定だ。それはフリード用の1.5Lエンジン+モーターではなく、オデッセイと同じ2Lエンジン+モーターを採用したことからも分かる通り、ステップワゴンのHVは上質さ、上級指向の最上級グレードとして位置づけされているからだ。


2Lエンジンは145ps、17.8kg-m


HVシステムは1列目席足元に


フロアの盛り上がりが絶妙なフットレストに

何しろモーター出力は184ps、32.1kg-mと、82ps、21.1kg-mのヴォクシー&ノアHVを圧倒。またシステム出力もステップワゴンHVは215psと、ヴォクシー&ノアHVの136psを大きくしのぐのである。ちなみにセレナS-HVのモーター出力は2.6ps、4.9kg-mと微小であり、走行アシストはないに等しい。

その上でJC08モード燃費は25.0km/Lとクラス最高。ヴォクシー&ノアHVは23.8km/L。セレナS-HVはほぼガソリン車ゆえ17.2km/Lにとどまる。

マイナーチェンジされたステップワゴンのスパーダHVは、これまでのモデルにただオデッセイ譲りのHVシステムを移植しただけではない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。