人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.06

格安スマホの人気失速でMVNOはどう生き残る?ユーザーは何を選ぶべき?

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は格安スマホの今について議論します。

■格安スマホ人気が失速した理由

房野氏:ドコモの年間純増計画が下方修正されて、その理由の1つとしてドコモ回線を使うMVNO、格安スマホの勢いが失速していることが挙げられています。格安スマホの現状と今後についてどう思いますか。(※編集部注:取材後、楽天が6000億円を投資して、携帯電話事業に本格参入することを発表、2019年中にサービス開始を目指すことが判明しました。こちらについては次回以降で詳しくご紹介します)


房野氏

石野氏:インターネットイニシアティブ(IIJ)の業績を見るとわかりますが、純増が見事にピタッと止まりました。Y!mobileやUQ mobileの攻勢が強くなってきて、いわゆる格安スマホといわれている中で、そこのシェアが高くなってきているのと、大手キャリアもドコモはシンプルプラン、auはピタットプランなんかを始めて、ユーザーが流出しにくくなっている。そのダブルパンチを食らって今の状況になったかなというところですかね。


石野氏

石川氏:大手キャリアの本気度が高過ぎる。あのプランによって「大手キャリアでいいじゃん」という感じになっている。それに加えて、FREETEL(MVNO)がなくなったり、総務省の行政指導があったり、格安スマホにあまりいいイメージがなくなってしまうと思います。普通のユーザーからすると、やっぱりハードルが高い。なんとなく安そうでいいという気になっているけれど、実際に自分がそれに変えるかとなると、変えない。だいぶ限界が見えてきているという感じがします。


石川氏

石野氏:個別に聞くと、楽天モバイルは、純増はそんなに減ってないという話もある。あそこは"サブブランドなりすまし作戦"というか、サブブランドっぽく見せる料金プランとかがある。

法林氏:楽天モバイルには「楽天経済圏」のユーザーもいる。IIJも1人で複数回線を持てるプランを出している。あと、楽天モバイルは端末を盛大に出しているので。


法林氏

石川氏:楽天モバイルすら純増を取れなかったら、もう終わりでしょう。

石野氏:そうですね。ただ、結構分かれてくるのかなと思います。

法林氏:去年注目されたLINEモバイルは?

石野氏:LINEモバイルは思ったよりダメだな。

石川氏:いや、最初からダメだな。

法林氏:あまり聞かなくなったよね。LINEだからといって契約した人はいるけれど、去年ほど話題にならない。

石野氏:話題を提供していないですしね。

石川氏:新しいことをしていない。以前、話したかもしれないけど、LINEのカウントフリーって微々たるものだなと。大手キャリアから大容量プランがこれだけ出てしまうと、そんなの気にしなくてよくなる。

法林氏:20GBプランとか、あれを使うと、もういいやって感じになる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。