人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.06

週末利用と間際予約で得するLCCの往復回数券活用法

■連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!

LCC(格安航空会社)は、日本においても2012年3月にピーチが日本初のLCCとして就航してからまもなく6年が経過しようとしている。今や高速バス感覚で飛行機に乗る人も増え、国内LCC各社は8割以上の搭乗率を記録するまでになるなど、我々の生活にも浸透してきたといってもいいだろう。

LCCの運賃体系は基本的に片道(1区間)毎に販売するスタイルであるが、そんな常識にとらわれないアイデア航空券が最近注目されている。既にピーチでは「弾丸スペシャル」という運賃で、関空~ソウル、羽田~ソウル、羽田~台北の3路線で往復日帰り航空券を販売しているのだが、バニラエアでも、成田~札幌・沖縄・奄美大島の国内3路線で4往復分利用できる「バニラエア往復回数券」というお得な航空券が発売されている。

バニラエア
バニラエアの国内線は成田~札幌・沖縄・奄美大島の3路線

■週末利用でもお得! 回数券の魅力とは?

バニラエアで一番便数が多い(1日最大7往復)成田~札幌線では、3種類の回数券を設定しており、GW期間中以外は全て利用可能な「全日有効」タイプで4万6800円、「平日のみ有効」(月曜~金曜)タイプで3万6800円、さらに火・水・木のみ使える「中だるみ解消券」タイプで2万6800円となる。4往復分(8区間)ということで、1区間あたり5850円(全日有効)、4600円(平日のみ有効)、3350円(中だるみ解消券)という安さが魅力である。札幌は便数も多いこともあり、日帰りでの利用にも適しており、ホテル代よりも安く済んでしまう。

札幌
成田~札幌線は1日最大7往復で日帰り旅行や出張で回数券を活用

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。