小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【開発秘話】発売から2か月で63万ケース売れたキリンのノンアルコールビール『零ICHI』

2018.01.06

■SNSを使った積極的なサンプリング

 こうして完成した『キリン 零ICHI』は、発売前からSNS上でのサンプリングに注力した。「キリンのチャレンジ」と称したトライアルキャンペーンを3月中旬頃から実施し、応募者の中から抽選で1万名に『キリン 零ICHI』を2本進呈。当選した人は飲んだ感想を、“#ゼロイチおいしい”もしくは“#ゼロイチいまいち”のどちらかのハッシュタグを付けて投稿してもらうことにした。肝心の結果だが、北村さんは「“#ゼロイチおいしい”の方が多かったです」と振り返る。

 発売後もSNS上で、「ゼロイチはじめる」キャンペーンと「#わたしのゼロイチ」キャンペーンでサンプリングを実施した。

「ゼロイチはじめる」キャンペーンも、ほぼ1万名の当選者に2本進呈。「キリンのチャレンジ」とは違い、こういうときに『キリン 零ICHI』を飲んでみたいというシーンを投稿してもらった。「普段あまり考えていない、ノンアルコール・ビールテイスト飲料が飲めるシーンを考えてもらい、それをきっかけにして飲み始めてもらうことを考えました」と北村さん。また「#わたしのゼロイチ」キャンペーンは、丸皿に盛りつけた料理と箸やスプーン、フォークを縦に並べてロゴマークの0(ゼロ)と一(イチ)をつくって写真に撮り、それを感想などとともに“#わたしのゼロイチ”というハッシュタグをつけてSNSに投稿した人の中から抽選で1万名に、『キリン 零ICHI』を2本進呈した。

 サンプリングはひとまず終了したが、現在は応募受け付け締切が10月2日までと長期の「絶対もらえる!わたしのゼロイチキャンペーン」を実施中だ。最需要期の夏に向けた拡販の意味から取り組まれているもので、貯めたポイントに応じて箸置き小皿か料理皿がもらえる。

★★★取材からわかった『キリン 零ICHI』のヒット要因3★★★

1.ビールらしい味わい

 以前のノンアルコール・ビールテイスト飲料の味に不満があり、それがきっかけで離脱してしまった人が多い。そこで、「一番搾り製法」を使い、麦の味わいやコクが感じられるものを開発。ビールらしいものが完成し、味に対する満足度が上がった。

2.「一番搾り製法」への注目

 開発に用いた「一番搾り製法」を強調することで、『キリン 一番搾り』のような味わいを想起。ノンアルコール・ビールテイスト飲料の離脱者も含め広く注目されるきっかけをつくった。

3.発売前から浸透

 SNSを使い発売前からサンプリングを実施。話題づくりに努めたことで、発売時には広く知られている状態ができていた。

 ノンアルコール・ビールテイスト飲料は、ビールが飲みたくても飲めないときに飲む代替飲料から、料理のお供として気分やシチュエーションに応じてチョイスする飲料に変わってきている。味を追求した『キリン 零ICHI』がさらに売れ続ければ、成熟した市場を活性化し、この流れを加速することになるだろう。

製品情報
http://www.kirin.co.jp/products/nonalcohol/zeroichi/

■文/大沢裕司

ものづくりに関することを中心に、割と幅広く色々なことを取材するライター。主な取材テーマは商品開発、技術開発、生産、工場、など。当連載のネタ探しに日々奔走中。

■連載/ヒット商品開発秘話

※記事内のデータ等については取材時のものです。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。