人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

この冬の京都の見どころは明治維新150年記念と西郷隆盛

2018.01.05

◆妙覺寺

京の冬の旅初公開となる、日蓮宗京都十六本山のひとつである妙覺寺は、永和4年(1378年)に豪商・小野妙覚の支援により四条大宮の妙覚の邸宅に日像上人を開山として創建。天文5年(1536年)に「天文法難」が起き、京都二十一本山がことごとく焼き払われ、数度の移転を余儀なくされた。足利義輝、織田信長、伊達政宗などさまざまな武将の宿所として知られ、中でも信長は京都での定宿としており、20数回京都を訪れたうちの18回は妙覺寺に宿泊。本能寺には3回しか宿泊せず、3回目に本能寺の変が起きた。

天正11年(1583年)に豊臣秀吉の洛中整理命により現在地へ移転。荘厳な「祖師堂」には、中央に日蓮大聖人、向かって右に日朗上人、左に日像上人を祀っている。日蓮大聖人の御尊像は日像上人の発願により造られたものとされており、京都府の重要文化財に指定されている(※注意・敷地内は庭園を除いてすべて一般撮影禁止で、今回は特別に許可を得て撮影)。

 

狩野派歴代の墓と作品が現存し、多くの芸術家が集まった場所としても知られるが、京の冬の旅では狩野元信の筆とされる幅約4.6m、高さ約5.9mの巨大な「大涅槃図」を特別公開する。

また、特別公開期間中は本堂内で画家・塩澤文男氏による、釈尊と四天王の刮目大顔面図「真祈」の制作実演も行っている。向かって左から多聞天(毘沙門天)、広目天、中央に釈尊、持国天、増長天を配した幅約12mの迫力ある顔面図だ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。