人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.05

フルレンジの長所を追究したFitEarのハイブリッド型カスタムイヤモニター『Air』

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

FitEarと言えば純国産カスタムイヤモニターのメーカーである。その母体は須山補聴器という老舗の補聴器メーカーで、カスタムイヤモニに欠かせない耳型の採取技術と補聴器に使われているBA型ドライバーに関するノウハウを活かして、多くのミュージシャンに対してカスタムイヤモニを提供している。最近で言えば『μ's FINAL LOVE LIVE』でメンバー全員が使っていたのがFitEarのカスタムイヤモニなのだ。

そもそもカスタムイヤモニターとは、ミュージシャンがライブの時にプレイバックを聞くためのモニター用イヤホンであり、遮音性を上げて大音量再生しなくても使えるように、また激しく動いた時にも耳から外れないように、シリコンで耳の型を採って、それを元にハウジングを作成、当人の耳にピッタリ合うようにしたプロ用機材なのだ。その遮音性と使われていたBA型ドライバーの性能の良さからハイエンドイヤホンとして注目され、メーカーもそれに応えてマルチドライバーの高性能モデルを次々と製品化してきた経緯がある。FitEarはプロ用からスタートして、コンシューマーモデルも作っている。BA型ドライバーのマルチWay一筋だったが、『Air』で初めてハイブリッド型を製品化した。

なぜFitEarは突然、ダイナミック型とBA型のハイブリッドモデルは開発製品化したのかを代表取締役・須山慶太氏にたずねてみた。「今までも挑戦してみたかったのですが、これというダイナミック型のドライバーに出会えなかったんです。それが、FOSTAX 382326というドライバーの音に惚れ込みました」
何と5年間の歳月を掛けてFOSTXからのドライバーユニット供給を実現化したという。


筆者が須山補聴器銀座店で耳型を採っているところ。耳に栓をしてから型取り用のシリコンを注入している。


これが採取された耳型。左右非対称で何だか不思議な形をしている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。