人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.05

首都高速開通や有料特急の新型車両導入でストレスフリー化が進む2018年の交通事情

来年は東京都とその周辺エリアの交通アクセスが充実する。高速道路の拡大による時間短縮、有料特急の新型車両導入による着席機会の増加、1ランク上のフェリーなど、新たなストレスフリーな移動が可能となる。

【渋滞リスク軽減!首都圏高速開通】羽田空港、成田空港へも渋滞回避でスムーズに

 首都圏では2018年春までに2つの高速道路が開通する。外環道の千葉区間(三郷南~高谷)の開通により、途中の京葉JCTで京葉道路と首都高速小松川線へ、高谷JCTで東関道と首都高速湾岸線に入れるようになり、渋滞が目立つ中央環状線(小菅~葛西)の回避が可能に。常磐道・東北道方面から羽田空港・成田空港・東京ディズニーリゾートへのアクセスも便利になる。また、首都高速晴海線の豊洲~晴海間の開通によって、都心環状線が混んでいる際に晴海インターから3kmしか離れていない銀座へ向かうにも便利だ。

首都高速開通

外環道『三郷南~高谷』
三郷南(埼玉県三郷市)~高谷(千葉県市川市)の15.5kmが開通。首都高渋滞時の迂回路にもなる。

首都高速晴海線『豊洲~晴海』
豊洲(東京都江東区)~晴海(中央区)の1.2kmが開通。豊洲市場を横目に見ながらのドライブ。

【ランクアップ通勤】わずかな追加料金で満員列車の通勤から解放される

 関東の私鉄各社では着席できる有料特急を強化している。来年春には小田急の新型ロマンスカー70000形がデビュー。箱根への観光と通勤の両方で活用される。また京王電鉄では春から座席指定列車を新設。通常はロングシートの座席がクロスシートに変身する。通勤ストレスが解消できそうだ。

●旅情+車内Wi-Fi完備

小田急電鉄『ロマンスカー70000形』 ロマンスカー

小田急電鉄『ロマンスカー70000形』
ロマンスカーで根強い人気の展望席も設置され、7両編成で定員400席を確保した。複々線化の完成で通勤時間帯の特急も増える予定。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。