人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.05

リストラ先進国アメリカ流の超実践的キャリア論とは

 会社組織で生き残り続けるには、タフでなければならない。長く勤めていれば、突然のリストラ、上司と衝突し左遷される、プロジェクトの失敗の責任を押し付けられ降格の憂き目にあう……なんてことが起きてもおかしくない。順風満帆な人生を送れる保証はどこにもなく、身に降りかかる災難や危機を乗り切るサバイバル能力がないと、生きていけない。早い話、世渡り上手でなければやっていけないということである。

 ただ、学校は会社内で起こる難しい状況を乗り切る術を教えてくれない。いや、教えられない、というのが正解だろう。だとしたら、どうすれば会社内で起こり得る災難や危機を乗り越えられるのであろうか? その答を示す一冊が『戦力「内」通告』(ハーパーコリンズ・ジャパン)である。

 本書は、企業向けトレーニングを行なう企業の創業者であり作家である著者が、様々なビジネスの現場で30年以上観察、経験してきたことを基にまとめたもの。サブタイトルは『ハーバードが教えてくれない「本当に生き残れる社員」』、コピーは『リストラ先進国USAに学ぶ、超実践的キャリア論』と刺激的。ただ、コピーにある通り、内容は実践的だ。自分が気づいていない弱点をしらみ潰しに潰し、曲がり角の向こうにあるものを見通せるようになる。次のような難しい状況に迅速に対応し、生産的に対応できるようになるだろう。

・有能とは言えない上司に対処する
・複雑な社内政治につき合う
・出世のチャンスがかぎられている職場で、野心あふれる大勢の人間と渡り合う
・あなたのすばらしい仕事の手柄を横取りする、またはミスの責任をあなたになすりつける同僚とうまくつき合う
・突然の解雇やリストラに対処し、できるだけ早く態勢を立て直す
・キャリアを最高に加速させる決断をする
・キャリアにとってマイナスとなる決断をしてしまったが、そこから立ち直りたい
・キャリアがいつ脱落、停滞してしまったのかを特定し、どう対処するかを考える

■キャリアの成功を占う唯一の信頼できる指標とは何か?

 リストラ先進国のアメリカは、組織内での生存競争が日本よりシビア。タフでなければキャリアが築けないわけだが、著者にはキャリアの成功を占う唯一の信頼できる指標があるという。それは、自分がいる会社特有の文化をより正確に、より洞察に満ちた目で眺める能力の有無。この能力がある人は、一緒に働く人をもっと深く理解しようと努力し、幅広い人たちと生産的に協力し、社内政治と付き合っているという。人を読む能力を持つ人こそ、いかなる障害にも負けず、組織内でキャリアを築くことができるわけだ。

 人を読むとはつまり、ゲーム(社内政治)に勝つためにプレーヤー(社内政治にかかわるっている上司や同僚、など)の心理を読むこと。ゲームに勝ち残らないとよいキャリアが築けないというのは、ムダに心を磨耗させるだけに見え、生産的なことには見えないが、人を読むことは軽視できない。著者は次のように警鐘を鳴らす。

「人を読むのに時間はかからないが、エネルギーが必要だし、成果があったのかどうかもよくわからず、ストレスが溜まる。いきなり“読心術師”になれと言われ、会う人会う人の心を読もうとしているのに、ちゃんと読めているのかどうかを確かめるすべもないとなれば、途方に暮れてしまうだろう。が、あなたがこの問題に対して無視をきめこめば、または『ただ、いい仕事をしていればいいさ』と考えるとしたら、キャリアの前途は危ういものになる」(1 職場で行われている「ゲームの下のゲーム」、p27)

 いい仕事さえしていれば、結果(キャリア)は後からついてくる。多くの日本人はこう考えがちだが、現実はそうではない。いかなる難しい状況も乗り越えてキャリアを築くには、社内政治とうまく付き合い、自分にとって不利にならないよう立ち回る必要があるということだろう。この状況、個人的には嫌悪感しかないが、現実として受け止め冷静に対処するのが賢明な選択だといえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。