人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

エアモーションツイーターを採用したoBravoのイヤホン『eamt-1w』

2018.01.05

■素材による音の違いを追求!

oBravoにはカタログに載りきらないほど、様々なバリエーションがあるが、その原因はハウジングの素材へのこだわりだ。基本はアルミ合金ハウジング、ウッドハウジング、セラミックハウジングの3種類。さらにハイエンドモデルでは、ハウジング2分割して、ベース部分をアルミ合金として、型番の最後にアルミキャップならa、ウッドキャップならw、セラミックキャップならcが付けられる。最も高価なのはセラミックを使った『eamt-1c』62万5000円(税込)となる。セラミックはガラスのような質感を持ち、重さも4.2gと最重量級モデルになる。木製ハウジングとフェイスプレートにあたる部分には台湾アカシアを採用。熱処理後に乾燥させ、その中から選別した素材を使っている。私は音速の早いAMTの良さを生かすにはセラミックがいいだろうと思い試聴させてもらったが、これが素材の音がそのまま載ったように硬質な響きになったことに驚かされた。アルミキャップも聴いたのだが、最も好みの響きはウッドだった。BA型のハウジングはメタル素材が流行中だが、こちらはダイナミック型ドライバーを使ったハイブリッドなので、硬ければいいというものではないようだ。ユーザーの好みに合わせて、素材の違いでこれだけ細かいラインナップがあるイヤホンも珍しい。


アルミ削り出しより難しいウッドの削り出しキャップ。


フェイスプレートは同社のロゴマークとダクトが開けられている。


ケーブル端子はMMCX端子なのだが、独自のキリカキがあり互換性はない。


付属のケーブルはφ3.5mmアンバランスだが、φ2.5mmバランス用もオプションで準備中。


付属のステレオ標準プラグ用アダプターは立派な作りで高音質を予感させる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。