人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.05

エアモーションツイーターを採用したoBravoのイヤホン『eamt-1w』

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

■ハイブリッドは音のつながりが問題だ

イヤホンを選ぶ時に気になる要素の1つにドライバーの方式がある。金属の振動板を使って高解像度で輪郭のシャープな音を再現するBA(バランスドアーマチュア)型か、量感豊かでなめらかな音と甘い響きが再現できるダイナミック型か。BA型はナローレンジだが、マルチドライバーでその弱点を克服。ダイナミック型もさまざまな手段で解像度を上げてBA型に迫ろうとしている。それなら、低域はダイナミック型で高域はBA型にすればいいのでは! という発想から生まれたのがハイブリッド型である。スピーカーの世界では珍しくないハイブリッド型だが、これをイヤホン実現しようと思うと、低域用と高域用に信号を分割するネットワークをどこに入れるか、ユニットの配置をどうするか、ドライバーの能率は揃えられるのかなど、様々な問題を解決する必要がある。さらにほぼ直接音だけを聴くイヤホンで性質の異なるユニットを使って音色に統一感を出せるのか。

そんな問題をクリアーして各メーカーからハイブリッドモデルが登場している。今回はoBravoのハイエンドモデル『eamt-1w』59万8000円(税込)の音に迫ってみたい。以前、記事で取り上げた『eamt-3a』の上位モデルとして新登場している。oBravoは高域用ドライバーにBA型ではなく、AMT(エアモーションツイーター)を採用している。これは平面型振動板を進化させたもので、アコーディオンのように折りたたんだ状態の振動板があり、向かい合う振動板が引き合って、その間にある空気を圧縮して、放射するという新しい方式で音を出している。振動板が前後するのではなく、空気を直接振動させるため、ダイナミック型よりも立ち上がりが5倍早く、クセがない透明感のある音が再現される。ERACのツイーターにも採用されている方式だ。AMTは小型化が困難でoBravo以外でイヤホンに使っているメーカーは存在しない。oBravoが現在、追求しているのが低域のダイナミック型ドライバーの大口径化である。高域のAMTに対してどうしても低音不足に聞こえてしまう。それを解消するためにウーハーの口径を10mmから12mm、そして13mmまで大きくしている。これに対してツイーターの口径は8mmと変更なしだ。


付属ケースはアルミ合金を使った小型のアタッシュケース風デザインでカラビナ付き。


中には3種類、3サイズのイヤーチップと標準プラグ用変換プラグなどが収納されている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。