人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.04

履歴書を充実させたい人におすすめ!安価で簡単に取得できる3つの資格

新卒で、就職活動をしている人も、これからハローワークに通おうと思っている人も、何よりもまず、最初に必要になるのは「履歴書」です。

実は安価でカンタン!「防火管理者」・「食品衛生責任者」・「警戒船講習」の資格取得方法

「履歴書」は、自分自身をめい一杯に表現するための、欠かせない大切な書類のひとつです。

さて、「履歴書」を書くときに、ライバルとの競争から勝ち残るための、とても大切な記入項目があります。

それは「資格」です。

「資格欄」が空欄では、採用担当者の目にはとまりません。

たくさんの資格を取得している事を、十分にアピールする事が出来れば、その企業に採用される可能性は、とても高くなります。

しかし、学業や仕事を続けながら、資格をとる為に、専門の学校や通信教育で勉強するのでは、お金も時間もかかって大変です。

もっと、安価でカンタンに、資格を取得出来る方法はないものでしょうか…?

・・・実は、とても安い値段で、お手軽に資格を獲得する方法は存在します。

なんと、「講習」の受講だけで手に入れる事ができる、ラクチンな資格があるんです。その資格とは一体・・・?

◆消防署主催の講習を受けるだけで資格が取れちゃう!「防火管理者」とは?

実は安価でカンタン!「防火管理者」・「食品衛生責任者」・「警戒船講習」の資格取得方法

「防火管理者」とは、多くの人たちが集まる建物の、火災による被害を防止する為に、消防計画を作成して、防火に必要な業務の管理、監督を行う責任者の事を指します。

「消防法」では、一定の規模の建物については、必ずこの資格を持っている人を、選任しなければいけない決まりとなっています。

特に最近では、老人ホームやグループホーム、デパートやスーパーなどのテナントなどで、「防火管理者」の選任が義務付けられている為、これらの業界に携わる人にとっては、取得が必須の資格と言えそうです。

ただしいざ、「防火管理者」に選任されると、責任は重大です。火災で死傷者が出たら、刑事罰を受ける事もあります。防火管理体制は、常に万全を期すように致しましょう!

そんな「防火管理者」は、おおむね「消防署」で定期的に開催される、「講習会」で資格を取得する事が可能です。

資格の種類は、「甲種」・「乙種」の2種類。

受講日数は「甲種」が2日間(約10時間)、「乙種」が1日間(約5時間)です。受講料は地方によって異なりますが、だいたい6,500~4,000円前後です。

講習最後に試験がありますが、まじめに受講していれば、ほとんどの人は合格します。

だからと言って、受講中、寝るのは厳禁ですよ!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。