人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.04

室町時代はまるでうどんだった!?ラーメン博物館で学ぶラーメンの歴史

日本で最初にラーメンを食べた人物といえば水戸黄門(徳川光圀)というのは有名ですが、“経帯麺”という中華麺が室町時代に食べられていたことが判明しました。今回は、昨年にリニューアルされた新横浜ラーメン博物館を見学し、室町時代に食べられていた中華麺“経帯麺”を実際に食べてみた。

■リニューアルされた新横浜ラーメン博物館

新横浜ラーメン博物館では、室町時代から現在までのラーメンの歴史が多数の文献をもとに明らかにされています。「ラーメンは日本料理か中国料理なのか?」という、一度は考えるような疑問の答え、また、ラーメン誕生の秘密やご当地ラーメンの誕生など、ラーメンに関するさまざまな知識が展示されていました。

博物館内のラーメン雑誌が飾られた「ラーメン本ウォール」は写真映えします。新横浜ラーメン博物館が収集・所蔵した3,000冊以上のラーメン書籍の中から、500冊が厳選されて飾られています。こちらの雑誌の閲覧はできませんが、インスタグラムやフェイスブックなどのSNSで目立つ写真を撮ることが可能です。このような写真スポットが用意されていることで、熱心なラーメン好きだけではなく、ラーメンへの興味が少しある人も惹きつけられそうです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。