人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.03

世界をリードするLGの有機ELテレビ『OLED65E7P』

【世界をリードするLGの有機ELテレビ『OLED65E7P』】

店頭で存在感を増す有機ELテレビは高画質と超薄型を実現する次世代テレビとして期待されている。昨秋、パナソニック、ソニー、東芝、LGエレクトロニクスと各社の有機EL4Kテレビが出そろった。各社自慢の最新モデルのポイントをレポートしよう。


LGエレクトロニクス『OLED65E7P』オープン価格(実勢価格約60万円)
●65V型 幅146.1×高さ90.4×奥行き19.5mm、23.1kg

■最新HDR規格に対応。こだわったのは映像の現実感

有機ELパネルメーカーとして世界中のテレビメーカーへ供給するLGエレクトロニクス。それだけに、LGエレクトロニクスの有機EL4Kテレビも常に先進性を追求してきた。

『OLED65E7P』の高画質機能も強いこだわりがある。HDRには様々な規格が存在するが、LGエレクトロニクスが搭載したのは最新のHDR技術「Active HDR」だ。高品位なHDR規格として知られる「ドルビービジョン」や1コンテンツに対し、1メタデータの「HDR10」でも、常に映像の1フレームごとに処理を行う。

このため、画面の各部分の輝度ピークは前有機ELモデルに比べ、25%もアップ。中間輝度層の明るさも向上した。漆黒の暗闇の中にほのかに輝く光や色彩も的確に捉え、表現することが可能だ。

コントラスト演算する独自のアルゴリズムも進化した。画面上で明るい部分と暗い部分による輝度の差がさらに明確になり、映像のメリハリ、鮮明さが一層際だった。特に夜景のシーンでは、その差は明確で、美しい映像が実現する。

私たちが日常的に楽しんでいる約9割の映像の輝度レベルは、50%以下とほとんどが暗い。『OLED65E7P』の高画質機能はそれらのシーンの輝度処理を飛躍的に改善させた。有機ELの特長でもある漆黒の表現はそのままに、日常的な映像も、一層コントラストの美しい映像にして映し出してくれる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ