人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.02

意外と簡単!?集中力を身につける技術

今すぐできる集中力マネージメントのススメ?

ビジネスパーソンであれば誰しも、「集中力」が業務の速度と成果に直結するのはご存じのはず。

しかし、そうとは知りつつ、「自分には集中力がない」、「集中力が持続しない」と悩んでいる人が大半ではないだろうか?

実は、集中力とは天性のものでも、一部のハイパフォーマーだけが会得できる能力でもない。ちょっとしたコツで、誰でも身につけられるできる習慣だと言うのが、年間120回の企業研修で集中力のスキルを教えている、行動習慣コンサルタントの冨山真由氏(ウィルPMインターナショナル)。著書の『今すぐ! 集中力をつくる技術』(祥伝社)では、すぐに集中力をアップさせる小技が50種も紹介されており、お役立ち度は抜群である。

今すぐ! 集中力をつくる技術

今回は、その中から幾つかを整理して紹介したい。

今すぐできる集中力マネージメントのススメ?

●15分の集中を繰り返す

そもそも、集中力はたった15分しか続かないという。逆に言うと、どんな人でも「15分ならなんとかなる」という気持ちになるもの。

そこで15分ごとに仕事を区切り、短い小休止をおいて、また15分集中を繰り返す。小休止の際は、両手を組んで思い切り上に伸ばしてから「よし!」と自分に声をかける。これだけで血流が良くなって、次に向かう気持ちが整う。

そして、およそ2時間おきに大休止の時間を設ける。このサイクルには個人差はあるが、何時間もデスクにかじりつくのは避ける。

●「もうちょっとやれそう」でストップ

たまに集中力が長続きして、「この調子なら、いくらでもやれる!」と感じても、飛ばしてはいけない。頑張りすぎてバーンアウトし、次の日は全く乗れないとなったら、プラスマイナスゼロになる。

常に「一定のパフォーマンスを上げる」ことが大事なので、「もうちょっとやれそう」と思ったあたりで、やめておくようにする。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年7月16日(月) 発売

DIME最新号の特集は「熱帯夜を乗り切る睡眠テク50」!プレモル電動式神泡サーバーを1000名にプレゼント!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ