人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

腹が立ったら心の中で100から3ずつ引いてみよう!3分でわかるアンガーマネジメント入門

2018.01.02

腹が立ったら心の中で100から3ずつ引いてみよう!怒りに対処するアンガーマネジメント入門

最近ちらほらと耳にする機会が多くなった、「アンガーマネジメント」(Anger Management)という言葉をご存知だろうか?

これは読んで字のとおり「怒りをマネジメント」すること。とはいっても、「怒ってはいけない」とか「怒りを感じてもガマンする」というものではなく、「怒って後悔しない」ようにするための種々のメソッドをいう。

特に新社会人や定期異動で新たな部署に来た人は、職場に慣れてくる一方で、その場特有の理不尽に思える状況や相手に怒りを感じやすいもの。いちいち怒って後で悔やむよりは、怒りを適切に扱うほうが、好ましいのは明らか。そこで、今回の記事では、日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介代表理事の監修による書籍『図解アンガーマネジメント』(かんき出版)と『怒らず伝える技術』(ナツメ社)を下敷きに、怒りに対処するメソッドを幾つか紹介したい。

腹が立ったら心の中で100から3ずつ引いてみよう!怒りに対処するアンガーマネジメント入門

●怒りの感情のピークは最初の6秒だけ

まず、「怒りの感情がピークに達して持続するのは、最初の6秒間だけ」という、心理学的な事実を知っておこう。それを過ぎると、感情はしぼんでゆく。なので、反射的に怒り出すのはとても損。

以下のような、最初の6秒をしのぐ簡単な方法を実践することで、問題の大半は未然に防げる。

・カウントバック:100、97、94…というふうに、心の中で100から3ずつ引いて数える。1、2、3…と数えるより、思考力を伴ったカウントダウンの方がベターで、2ずつとか4ずつでもOK。

・ストップシンキング:「ストップ!」と心の中で唱え、思考を止めリセットする。1枚の白い紙をイメージするのもよい。

・呼吸リラクゼーション:4秒かけ鼻から息を吸い、口からゆっくり静かに吐く。

●怒らない性格づくりを心掛ける

怒りの力で他人を変えようとするより、自分を変えたほうがはるかに効率的。以下のような方法を習慣づけて、怒りをコントロールするようにしたい。

・アンガーログ:どんな状況でどう怒ったのか、心の中に残る怒りの感情を後で紙に書きだす。書くことでクールダウンでき、自分の隠れた本音が見え、次回同じような状況が起きた際に感情に対処しやすくなる。

・「べきログ」:人は誰しも「こうあるべき」という譲れないルールを持っており、それが破られると怒りの感情を持ちやすい。そこで、自分は「こうあるべき」と考えている事柄を箇条書きにする(「待合せ場所には5分前に到着すべき」など)。そして、各項目について重要度で5段階のランク付けする(絶対譲れないのは5、実はどうでもよかったというものは1)。こうすると、自分の怒りの傾向を客観視することができ、この感情とうまく付き合えるようになる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。