人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今秋以降7年間の保存修理工事に入る「道後温泉本館」は今のうちに行くべきだ!

2018.01.02

 プチお遍路で3つの寺を参拝予定であったが、あいにくの雨。見られたのは宝厳寺のみ。林に囲まれた本堂は、佇まいが素晴らしい。

「ずっとここにいれるなぁ」なんて思った。

 15時30分、ツアーの最後にくぐったのは「道後温泉本館」の門。年間80万人が訪れる日本を代表する観光スポットだ。

「温泉は楽しい」そんな人のワクワク感が収束する本館。建物の力も相まって、いるだけで気分が上がる。陽のパワーが溢れている空間ってことだろう。

「道後温泉本館」は、逸話が多いことでも著名だ。夏目漱石が松山で教師をしていた時代。帝国大学時代の友人であった正岡子規が、押しかけて居候することに。

 2階に漱石、1階に子規、今でいうシェアハウス。子規が友人を呼び押せて句会を開き、盛り上がる。そこに漱石が注意しにやってきた。しかし、ミイラ取りがミイラとなり漱石も句会に参加。文学的な美しい友情があったのだ、この場所で。そんな2人が通ったのが「道後温泉本館」だと云う。

 書かずもがなだが外観、内装ともに素晴らしい。行かれた際は、係員が又新殿の案内をしてくれるツアーに参加するのがオススメ。

 館内全体を丁寧に紹介してくれるので「道後温泉本館」をより深く楽しめる。やはり歴史を知ってから入浴すると、一味違うもので。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。