人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.02

一棟貸しの家に泊まる「バケーションレンタル」は定着するか?

■連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!

アメリカ・テキサス州のオースティンに本社を置く、エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway(ホームアウェイ)」が2016年に日本での事業を開始し、 2018年にも予定されている民泊新法(住宅宿泊事業法)施行後に、楽天LIFULL STAYが運営する民泊仲介のプラットフォーム「Vacation Stay(仮称)」の国内民泊物件をホームアウェイへ供給することを目指した業務提携を2017年7月3日に合意した。


7月3日に民泊サイトのHomeAwayと楽天LIFULL STAYが業務提携

訪日旅行客(インバウンド)が増えている中、特に両社が力を入れているのが地方における空き家活用。国土交通省の採択事業「全国版空き地・空き家バンクの構築運営に関するモデル事業」として構築が進められている、各自治体が運営する空き家・空き地バンクの情報を集約する情報プラットフォーム「LIFULL HOME'S空き家バンク」を通じて全国で一元化されることになり、7月19日から自治体からの参加登録受付が開始されたばかりであるが、楽天LIFULL STAYがこのサービスと連携することで、空き家を旅行者向けの民泊に転換したり、農業などの体験型民泊などが可能となる。民泊は外国人観光客がメインターゲットになることから、海外で既に世界190カ国・200万件以上の登録物件があり、月間4000万人以上の旅行者が使っている民泊サイトのホームアウェイの販売力を活用することでインバウンド需要に対応できるとしている。

様々な民泊サイトがあるが、ホームアウェイは、部屋単位ではなく、建物丸ごとレンタルできるサービスを展開している。「バケーションレンタル」と呼ばれており、物件を所有しているオーナーが部屋を使わない期間に第三者に貸し出しするサービスとなっているのだが、ホームアウェイでは、基本的にはホームスティやシェアハウスのような同居人がいるタイプの民泊ではなく、一棟丸ごとを貸し出す「一棟貸し」に特化しており、基本的には他の同居人や滞在者がいない滞在スタイルの部屋(家主不在型)を販売している。


物件を所有しているオーナーが部屋を使わない期間に第三者に貸し出しする「バケーションレンタル」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。