人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.01

ディスク型、カマド型、風利用、焚き火台の賢い選び方

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

◆シンプルなディスク型焚き火台がヒット中

 焚き火が恋しい季節がやってきた。

 アウトドアショップやホームセンターではいろいろな焚き火台が販売されているが、今シーズンはペトロマックス『ファイヤーボウル』に代表されるシンプルな「ディスク型」と、ロゴス『LOGOS the KAMADO』やユニフレーム『薪グリル』など調理向きの「カマド型」が売れに売れている。

 ペトロマックスはご存じの通り、灯油ランタンを発明したドイツが誇る老舗メーカーだ。2006年にジョナス・タウレック社長が就任後、伝統的な灯油ランタンだけでなく、ダッチオーブンやフライパンなど重厚で長く使える焚き火アイテムを次々に投入。ライトでコンパクトな製品を主流とするキャンプ市場の逆をいくラインナップだが、これが次々ヒット。2016年春日本上陸のファイヤーボウルもスチール製で、一番小さなfs38で約3kg。決して軽くはないが、ちょっぴりレトロな雰囲気と自由度の高さが実に魅力的だ。

ペトロマックス/ファイヤーボウルfs38
ペトロマックス/ファイヤーボウルfs38(9000円+税。fs48=1万1000円+税、fs56=1万5000円+税もある)。
重厚なスチール製の鉄板に3本の脚を装着する焚き火台で、食材を焼く鉄板としても使えるのがおもしろい

ペトロマックス/ファイヤーボウルfs38
脚はねじ込み式。シンプルなので、準備も片付けも簡単だ。スチールなので、使用後は薄く油を塗っておく等メンテナンスをする楽しみもある

ペトロマックス/ファイヤーボウルfs38
薄く収納できる。クルマやクローゼットのすき間に収まるサイズ感が魅力的

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。