人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

実家や自宅の不用品がウン万円に!?〝メルカリスマ〟に聞く楽しみながら稼ぐコツ

2018.01.01

メルカリは商品の半数が24時間以内で売れるという。それは、購入者の90%がスマホから取引を行ない、〝あれこれ比べて迷わない〟からだ。ここでは、メルカリで稼いでいるメルカリスマたちが、どのようにして売っているかを取材。楽しみながら稼ぐコツをお届け!

売れる人の共通点

【趣味のアメカジアイテムは、22時に出品がルール】

守山則之さん
守山則之さん(30歳・IT関連会社勤務)メルカリ歴1年
「趣味で行くアメリカ旅行。現地のフリマやディスカウントショップで、日本人が好きそうなものを購入。なるべくキレイに使い、飽きたらメルカリに出品」

●ニューエラのキャップ[3000円]

ニューエラのキャップ[3000円]
メルカリの相場を調べたら購入時より高かったので出品。1日で売れた。

●ニューエラのキャップ[2300円]

ニューエラのキャップ[2300円]
使用感があるものは、ほかのプロっぽい出品者より少し安く出すと売れやすい。

●MA-1ジャケット[1万円]

MA-1ジャケット
数年前に購入し、タンスに眠っていたが、流行アイテムだったので即売れ。

〈売れるコツ〉マニアのチェック時間帯は深夜

「商品は出品順にトップ画面に出る。だから、僕が出すアイテムを探している人が見ている時間帯を狙って出品。試行錯誤後、ベストは22時でした」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。