人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一切のムダをそぎ落としたスタイリッシュなSUV『レンジローバー ヴェラール』の完成度

2018.01.01

 試乗した日本仕様では舗装路面しか走ることができなかったので、★を1つ保留としておこう。舗装路での走りは『レンジローバー』や『レンジローバー・スポーツ』の兄弟分であることを彷彿とさせる、とても上質なものだった。重厚感がありながらも、柔らかく優しい乗り心地が心地良い。

 

 試乗車のエンジンは、スーパーチャージド3.0L、V6。最高出力380馬力と最大トルク450Nmは十分以上で、中軽井沢から鬼押ハイウェイにいたる急勾配を余裕で駆け上がっていった。『ヴェラール』の日本仕様には、他にディーゼルとガソリンの4気筒エンジンも揃っていて、そのうちのひとつは待望の「インジニウム」だ。

 ジャガー・ランドローバー社がフォード傘下から独立してから新設計された新しいコンセプトの4気筒。軽量小型にまとめられ、パフォーマンスと省燃費、排ガスのクリーン化が図られている。最高出力250ps、最大トルク365Nm。トランスミッションは全てパドルシフト付き8速となっている。

■商品として魅力的か?★★★★★(★5つが満点)

『ヴェラール』の真骨頂は、ご覧の通りのカッコいいスタイリングにある。ムダな線や装飾を極力排したボディーは現代美術のオブジェのように美しく、センターコンソールから操作ダイヤルをたった3つにまで減らしたインテリアもエクステリアに劣らずスタイリッシュだ。

 

 シートも目新しく、デンマークの「Kvadrat」社製テキスタイルを用いたものが眼を惹いた。特にグレーとアイボリーのコンビネーションになったものが新鮮で、グレーの部分にはクルマ用としては珍しくウールが用いられていて、吸湿性の高さを実現している。ユニオンジャックがパンチング加工されたアイボリーの部分は合成素材で、座面の材料には使用済みのペットボトルがリサイクルして使われている。

 自分の乗るクルマのシートにこそリサイクル素材を積極的に使っていこう、という人々のエシカルな意識に訴求しようという企画だ。BMW『i3』のシートにもペットボトルのリサイクル素材が用いられているが、こうした視点からの企画は今後増えていくことだろう。意識も、性能と同じくらいクルマを買おうとする人々に訴え掛けるのである。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。