人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

株のオンライントレードを始める前に知っておくべきポイント

2017.12.31

■連載/山崎俊輔のフィンテック入門

フィンテックと個人のつながりについて考えている本連載、今回は株の売買について再検証してみます。

元祖フィンテック「株のオンライントレード」にデビューしてみよう

■個人にとってすでに普及しているフィンテックのひとつ それは「株の売買」

「株を買う」というのは今でもまだ一般になじみのある行為とはいえません。それでも20年前に比べれば比較にならないほど、個人がチャレンジしやすいものとなってきたのは事実です。

 かつて、株を買ったり売ったりすることは個人が好き勝手にやるものではありませんでした。買いたいときも売りたいときも証券会社の営業マンに連絡を取り、相談をしたり発注を頼まなければいけなかったのです。

「今日の日経平均が上がっているみたいだ。ちょっとログインして、株価2000円を超えたところで買い注文を入れよう」というような具体的な注文はほとんど不可能で、「タイミングをみて、A社の株を買っておいてください」というようなあいまいな依頼をしておき、後日「○○円で買えました」という連絡が届くという感じでした。

 かつてと現在の株式注文を例えてみれば、電子メールと手紙のレスポンス差、という感じです。手紙なら風情もありますが、株の売買に風情など必要ありません。

 フィンテックを考えたとき、銀行とのやりとりをネットで可能にしたモバイルバンキングと、証券会社とのやりとりをネットで可能にしたオンライントレードが、「すでに普及しているフィンテック」の2大巨頭だろうと思います。

 あまりにも普及が進んでしまったため、誰もフィンテックとは呼んでくれない「オンライントレード」について、今回は個人目線から考えてみます。

元祖フィンテック「株のオンライントレード」にデビューしてみよう

■日本の個人投資家に訪れたチャンスが、金融ビッグバンとITに支えられ発展した

 フィンテックはITと金融の融合であるとよく説明されますが、まさにオンライントレードはITと金融の融合です。

 株価がほぼリアルタイムで表示され、私たちはネットを介して売買の注文を出すことができます。「今は△△円だが、XX円まで下がったら買い注文を出す。でも値下がりせず○○円まで上がってしまったらこっちで買う」というような条件つきの注文も簡単にITが処理するようになりました。

 投資情報も量と質、そして速度の面からも充実が図られました。開示される情報に関しては、プロも個人も大差がなくなってきたほどです。

 PCの処理速度の向上、インターネット回線の高速化、スマホやタブレットの普及などが進むほどに、オンライントレードの利便性は向上しました。筆者が2000年頃に初めてオンライントレードの解説原稿を書いたときは「電話回線の安定性によっては注文が遅れる場合がある(アナログ回線やISDN回線だった)」と解説したものですが、隔世の感があります。

 また、金融ビッグバンに始まる競争原理も、オンライントレード進展の追い風要因になりました。金融規制緩和によりもっともコストが下がったもののひとつに株式売買手数料が上げられますが、今では20万円程度の売買で数百円の費用しかかかりません。

 仮に売買費用が2000円×2(買いと売りの2回)だとしたら、4000円以上値上がりしなければ損になってしまいます。実際には儲けの20%が課税されますから、約5000円値上がりしてようやくトントンです。

 ところが売買にかかる費用が200円×2回しかかからなければ400円の値上がり+税金分の値上がりで利益が出ます。500円の値上がりで100円税金に引かれてトントンとなれば、先ほどの5000円の値上がりなら、税金を払っても4000円残りますから、実質3600円のプラスです。売買費用の値下がりは、個人にとって株で儲けるチャンスが増大したということになったのです。

 このチャンスを最大限に生かしたのはデイトレーダーです。オンライン証券会社が売買手数料の引き下げ競争を繰り返していく中、自分の好きなタイミングで売買をし、小さな利益を積み重ねることで大きな収益を得ることが可能になったわけです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。