人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.31

2000円超えからロングセラーまで!一度は食べてみたいレトルトカレー15選

すぐに食べられるレトルトカレー。定番アイテムに加えて最近はご当地カレーや珍品具材も登場し百花繚乱の様相となっている。男のひとり飯に欠かせない、レトルトカレー。 すぐに食べられて、食器洗いも皿1枚♪ 心もホッと満たされる。

 そんなレトルトはここ数年、味が向上し、大人のファンを増やしている。その背景にあるのは、『めしばな刑事タチバナ』や『野武士のグルメ』などリアルグルメ漫画のヒットだ。作品に登場するカレーやそのアレンジに好奇心をくすぐられ、試してみたという経験がある人も多い。それに数年前のご当地カレーブームからハマったという人も。

 同時に、カレー専門店による、1食1000円以上の高級商品も続々登場。そこで、話題のカレーを食べ比べ。レトルトカレーの専門家であり、横濱カレーミュージアムの初代名誉館長でもある小野員裕さんのレビューとともにお届けしよう。

 

男のひとり飯の定番!お手軽&美味レトルトカレー15選

 

●コスパ抜群! カレー界のセンター

咖喱屋カレー〈中辛〉

『咖喱屋カレー〈中辛〉』132円

レトルトカレー市場で、今最も売れているのがこのカレー。「甘辛いシチューのような味わいに印象あり。ほのかにスパイシーなのだが、カレーらしいキリッとしたエッジが効いていない味わいに、若干の物足りなさを感じてしまう。もう少し塩味とほんの少々の辛味が欲しい。よって湯煎せずに鍋に直接入れて、塩とレッドペッパーを少々入れると味が締まる」

●カレー研究家自信の一品

小野員裕の鳥肌の立つカレー・キーマカレー

『小野員裕の鳥肌の立つカレー・キーマカレー』442円

旨味がギュッとしていてサラッとしている。インドカレー愛好家がハマる味は、スパイスが効いていて、エッジが立ったキーマカレー。「発売から15年にわたるロングセラー。小麦粉を添加せず、スパイスと玉ねぎ、ひき肉で作り上げており、インドカレーの作り方を踏襲。サラリとした口当たりで、極めてスパイシーだから、クセになります」

●本格的アジアンカレーと言えば無印!

素材を生かしたカレー プラウンマサラ

『素材を生かしたカレー プラウンマサラ』380円

サラッとしていてスパイスの香りが立つ。エビの旨味もガツンと効いている。無印良品の定番カレーはバターチキンもオススメ。「甘さを抑えたコクのあるまろやかな味わいトマトの旨味とバターを生かしている。甘さ控えめでコクと香りもいい。専門店のチキンバターマサラよりおいしいかも。ごはんよりも市販のナンやバゲットで食べるとよし」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。