人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ロボアドバイザーは投資理解の助けとなりうるか?

2017.12.31

■しょせんは人が作り出したプログラムに過ぎない

 ロボアドバイザーといっても、スーパーコンピューターが毎回特別な演算を行い、何もないところからあなたにジャストフィットする提案をしてくれるというわけではありません。

 ロボアドバイザーの基本的な仕組みは、あなたが投資の意向や理解度を質問に答え、その回答を分析し、あなたに適切と考えられる資産配分や金融商品を提案してくる、というものです。

 どのようなロボアドバイザーであっても、そこには必ずプログラムを組んだ人の考えやロジックがあります(監修者として経済学者などが顔を連ねていることも多い)。そして、ほとんどのロジックは分散投資理論をベースにしています。

 あなたがもし、コンピューターに頼れば、絶対的に高利回りが確保できる投資方法を指南してもらえる、と考えるならそれは明らかな誤りです。

 また、ロボアドバイザーは運用開始後の見直しを自動的に行なうわけでもありません。ロボアドバイザーは最初の投資助言をするのが基本であり、投資一任(完全お任せ)ではないからです。FXにおける自動売買プログラムのようなものと混同しないようにしなければなりません(ロボアドバイザーに投資一任を組み入れ、年に数回自動的にリバランスを行ない、運用の軌道修正を行なう証券会社もある)。

 機械がやってくれるのだから、感情を加えずシミュレーションを行なえますが、だからといって人間のできないことをするわけではありません。あくまで魂は人が入れている(プログラムしている)のです。

【フィンテック入門】ロボアドバイザーは、投資理解の助けとなりうるか

■その助言料は手数料的に割高である可能性が高い

 ところで、私たちは今、「最安値」を追求する世界に生きています。楽天市場やYahoo!ショッピングでは、最安値ショップを必ず検索しますし、価格.comを使うことも当たり前のことです。

 残念ながらロボアドバイザーの投資については、そうした割安な投資にならない可能性があります。ロボアドバイザーの費用を考えたとき、便利の代わりに過剰に割高な費用を払うことになるからです。

 あるロボアドバイザーはあなたの資産残高の1%を投資アドバイスにかかる年間費用として徴収しますが、これは年4~6%くらいの利回りを目指す資産運用において過重な費用です。もちろん株価が低迷している時期に資産が減少した場合も助言料はかかります。

 ロボアドバイザー会社の多くは、運用そのものは低コストのETFで行うとしていますが、仮に年0.2%の運用手数料しかかからないETFであったなら、ロボアドバイザーの費用はその5倍もかかっていることになってしまいます。

 私たちは直接ETFを買うことができるので、イニシャルコストとしてのみロボアドバイザーのアドバイスを買い、直接ETFを買うのがもっとも割安、ということになります(ロボアドバイザーであっても最後は自分で発注をかけることになる)。

 ロボアドバイザーが高コストの投資であったと指摘するのは、銀行の窓口で投資信託を買うような例です。購入時に2~3%、運用期間中に年間1~3%くらいの手数料を引かれ続けているようなケースがあり、これに比べれば確かに、ロボアドバイザー経由の投資は割安です。しかし、もともと高い手数料を払わされていたものと比較して安いというのもおかしな話です。

 そして残念なことに、この高いコストはあなたの元本割れリスクを軽くしてくれるわけではありません。日本株が急落したり、急激に円高に振れたり、海外の株式市場が大暴落したとき、ロボアドバイザーが守って勝手に売り抜けてくれるわけではないのです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。