人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ロボアドバイザーは投資理解の助けとなりうるか?

2017.12.31

■連載/山崎俊輔のフィンテック入門

投資手法でブームとなっている、ロボアドバイザーについて考えてみます。

【フィンテック入門】ロボアドバイザーは、投資理解の助けとなりうるか

■フィンテックの花形といえばロボアドバイザー?

 日本版フィンテックは世界のフィンテックと異なる要素がいくつかあります。日本では銀行預金口座の作れない人、というのがほとんどいないこと、海外送金需要が低いこと(海外で働き自国に送金するようなケースが少ない)ため、海外のフィンテックで注目されているような、銀行を介さない送金や決済方法はあまり普及していません。

 日本でフィンテックの代表例として語られがちなのは「投資ロボアドバイザー」です。

 資産運用はまだ日本人に広くなじみのあるものとなってはいません。しかし、ただでさえ超超低金利時代の預金金利(年0.01%!)ではお金を増やすことはほとんどできません。

 投資を上手に活用することができれば、お金が増えるペースは高まるのではないかという期待がある一方、やはり「何を買えばいいのか分からない」「金融機関の人に話をするとカモにされるのでは」という不安からなかなか投資に踏み出せない人もたくさんいます(あなたもきっとそうでしょう?)。

 そうしたギャップにちょうど適合するのが、ITの力を借り投資経験や投資知識が浅い人の支援をしてくれる、というものです。一般的にはロボアドバイザーと呼ばれます。

【フィンテック入門】ロボアドバイザーは、投資理解の助けとなりうるか

 海外でもロボアドバイザーのマーケット拡大はめざましく、2016年には3000億ドルのマーケットが2020年には2.2兆ドルに拡大するとの予測もあるほどです(Bloomberg)。

 日本でもフィンテック特集の雑誌を開けばほぼ確実にロボアドバイザーの会社がインタビューに応じていますし、新聞記事にも多く登場するのがこのロボアドバイザーです。

 さて、このロボアドバイザー、フィンテックの目指すべき、「金融の便利を私たちに使いやすくする」仕組みになっているでしょうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。