人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.30

多彩なシートアレンジが楽しめるマツダの3列シートSUV『CX-8』試乗レポ

スカイアクティブ技術との相性から、ミニバンから撤退を表明したマツダの3列シートクロスオーバーSUVがCX-8。ホイールベースをCX-5の2700mmから2930mmに延長し、全長4900×全幅1840×全高1730mmというマツダの最上位SUVにふさわしいインターナショナルサイズを纏う。

 

無論、マツダ渾身の魂動デザイン、スカイアクティブ技術を全面採用。エンジンは最新のSKYACTIV-D2.2=クリーンディーゼルのみ。同ユニットを積むCX-5に対して約200kgの車重増に対処するため、可変ジオメトリーターボ、急速多段燃焼などの技術を投入。スペックは190ps/4500rpm、45.9kg-m/2000rpmまて引き上げられ、2WDで17.6km/LというCX-5同等のJC08モードの燃費性能、余裕駆動力を確保している。

 

SUVは道なき道を突き進む乗り物だが、クロスオーバーSUVはもっとカジュアルに、ジェントルにオールロードを果てしなくクルーズする全天候型エクスプレス。燃料タンクは72Lと大容量で、東京から九州への無給油走行も可能というから驚きだ。

後席は高級感溢れるセンターコンソールが鎮座する上級キャプテン/2-3列目席スルーが可能な標準キャプテン/ベンチシートの3タイプがそろい、いずれも大人がゆったり寛げる上質感に満ちた空間だ。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。