人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.30

ロボアド投資、おつり貯蓄、Jコイン、2018年のマネートレンド大予測

金融とITが融合したフィンテックが、AIによって一段と進化。これまでファイナンシャルプランナーなどの専門家が提供してきた金融サービスが、スマホでお手軽かつ低コストで利用できるようになる。

【全自動資産運用】AIが全自動でプロ並みの資産運用を行なってくれる

 フィンテックが個人の資産運用を大きく変えようとしている。その本命はロボアドバイザー投資(以下、ロボアド投資)だろう。AIがその人に合った金融商品を選び、実際の取引まで全自動で行なうサービスで、資産運用の経験や知識は必要とされない。

 現在、そうした〝完全お任せ型〟の商品としては、証券会社や銀行のラップ口座がある。しかし、最低投資金額が300万円以上で、利用時の手数料が投資金額の2~3%という、いわゆる富裕層向けのサービスが多い。

 一方、ロボアド投資には、最低投資金額1万円~、手数料1%以下で利用できるものが登場。この手軽さもあり、2018年は一気に定着するだろう。

〈毎月積み立てが可能なものも!〉
全自動運用ができるロボアド投資5社
毎月積み立てが可能なものも!
ロボアド投資には利用手数料と投資する金融商品のコストがかかる。合計1%以下となるのは楽ラップとマネックスアドバイザー。
※11月30日までのキャンペーン

〈金融知識ゼロでもOK!「ロボアド投資」の3ステップ〉

PCあるいはスマホで、ロボアドから出される質問に回答すると金融商品を選んでくれる(サンプルは楽天証券の『楽ラップ』)。

1.ロボアドからの質問に回答する
 即答できるものばかりで、金融知識は不要。

1.ロボアドからの質問に回答する

2.資産運用のコースを表示
 その人のリスクの許容度に沿った方針を提示。

2.資産運用のコースを表示

3.そのまま口座開設ができる
 回答は何度でもやり直しOK(無料)。

3.そのまま口座開設ができる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ