人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.30

半数が片道1時間以上かけていた!東京と大阪のリアルな通勤通学事情

総務省が行なった「平成23年社会生活基本調査」によれば、通勤時間が最も長い都道府県は神奈川県の1時間40分。次に1時間34分で埼玉県と千葉県が続く。ちなみに東京都は1時間30分で4位、大阪府は1時間18分で7位となっている。

マクロミルが昨年、東京都内・大阪府内に通勤通学している人を対象に、通勤通学電車の状況について、「満員電車」の解決案や、電車におけるマナーについても調査を実施した。調査は、20歳~59歳の男女で東京都内・大阪府内に電車で通勤・通学をしている人を対象に実施。有効回答数は2000人。

■東京・大阪への電車通勤通学者、50%以上が通勤通学に片道1時間以上かけていることが明らかに

東京都内・大阪府内に電車を使って通勤通学をしている人2000名に、通勤通学の状況について尋ねた。通勤通学時間を聞いたところ、片道「1時間程度」が20%で最多。「40分~45分程度」18%、「50分~55分程度」13%と続くが、1時間以上と回答した人を合計すると全体の50%以上に(東京55%、大阪45%)にのぼった。また、通勤通学時間のうち、電車に乗っている時間も聞いたところ、「30~35分程度」が18%で最多だった。30分以上と回答した人を合計すると64%にのぼる。東京・大阪に通勤通学している人のうち多くが、1日1時間以上を電車の中で過ごしていることがわかった。

■東京86%、大阪74%が通勤通学時に「満員電車」に乗っていると回答

通勤通学時に「満員電車」に乗ることがあるかどうかを尋ねたところ、東京への通勤通学者の86%、大阪への通勤通学者の74%が「乗ることがある」と回答した。また、電車の混み具合を尋ねたところ、最も多かったのが東京・大阪とも、「手足は動かせるが、身体の位置は変えられないレベルの混雑」で26%(東京30%、大阪23%)にのぼった。10人に1人は「まったく身動きが取れないレベルの混雑」を経験していることもわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ