人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.30

予算1万円で挑戦!イヤホン&ヘッドホンの音はケーブルでどう変わるのか?

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

■ゼロから始めるRe:Cable生活

コンビニからの帰り道、突如として異世界へと召喚されてしまった少年... ではなく、今回はリケーブルである。イヤホンとヘッドフォンの鬼門、それはケーブルの断線で音が聞こえなくなること。これをカンタンに修理するため、ケーブル交換が可能なリケーブル対応モデルが登場。すると音質向上のためのリケーブルがサードパーティから次々発売され、手軽な音質チューニングとして注目を浴びている。

■リケーブル対応イヤホンが3999円で登場!

リケーブル対応と言えば、ハイエンドやカスタムイヤモニにしか許されないぜいたくかと思っていたら、最近は中級機から入門機までリケーブル対応モデルが増えてきた。その最安値が上海問屋『MMCXケーブル シェルタイプイヤホン』3999円(税込)である。ヘッドフォンでは、ONKYO『ES-FC300』実勢価格約7000円(税込)がある。

■リケーブルの代名詞MMCXとは

リケーブル用の端子で最も普及しているのは多分、MMCX規格である。SHARE、Weston、UE、ONKYOなどが採用している。同軸2接点方式なのでケーブルに力が加わった時に接点が自由に回転する。これによってケーブルに加わるストレスを抑え断線を防ぐ構造だ。カスタムイヤモニ例えばFitEarやJH Audioが採用する2pin規格もある。こちらの方が互換性に対してはシビアである。他にも何種類かあるが、今回は対応機種の多いMMCX対応の3種類のリケーブルを試聴してみよう!

■ONKYO『ES-FC300』&上海問屋『10mmダイナミックドライバイヤホン』で聴く

今回の試聴に使うヘッドホンはONKYO『ES-FC300』はハウジングにアルミ合金を採用。強固な構造で不要な共振を抑え、デュアルチャンバーにより豊かな低音を実現するという。振動板にチタンをコーティングしたチタニウムドライバーを使い伸びやかでツヤのある高域を追求している。純正オプションでハイグレードケーブルもある。付属ケーブルの音はメリハリがあって、解像度が高く、高域は粒立ちが良く、量感ある低域を聴かせてくれた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。