人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

冬の決定版!ワイヤレスイヤホン、ヘッドホンの狙い目モデル5選

2017.12.30

■連載/折原一也のAudio&Visual最前線

 2017年のイヤホン・ヘッドホンでは”ワイヤレス”も引き続きブームだ。”完全ワイヤレス”存在するなか通常タイプの”ワイヤレス”となるイヤホン・ヘッドホンを選ぶ理由は、価格や機能性、サウンドまで様々な選択肢があること。完全ワイヤレススタイルの先進性よりも、バッテリー駆動時間や実績あるブランドによる実績あるサウンド、ノイズキャンセルといった機能性を求めるなら、”ワイヤレス”こそがまだまだスタンダードだ。


”ワイヤレス”タイプのイヤホンも高音質・高機能に進化

 2017年秋冬の選ぶべきイヤホン・ヘッドホンの顔ぶれも多彩だ。まず、価格重心で選ぶならイヤホンタイプでは5000円以下で購入できるオーディオ・テクニカの「ATH-CK200BT」も登場し、音にこだわるレンジなら1万円台で高音質を提供するRHA、SHUREを始め国内外の名門ブランドがズラリ。今年秋冬のトレンドである”ノイズキャンセル”への対応は、ソニーが「1000Xシリーズ」としてイヤホンタイプ、ヘッドホンタイプで上位モデルをカバーしている他、海外ブランドの選択肢も登場し始めている。


ノイズキャンセル機能を強化した「Beats Studio3 Wireless」

 今回はそんな2017年冬の注目ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンから5モデルをピックアップ。僕が実際にサウンドを聴いた上で、同価格帯で選ぶ価値のあると判断した選りすぐりのモデルを紹介しよう。

■スタンダードなワイヤレスイヤホンの入門モデル、オーディオテクニカ「ATH-CK200BT」


メーカー:オーディオテクニカ
製品名:ATH-CK200BT
実売価格:4,980円

 初めて購入するワイヤレスイヤホン選びなら日本メーカーの鉄板モデルを選びたいところ。オーディオテクニカの「ATH-CK200BT」は5000円以下の予算で選べる、入門モデル。首周りにフィットして使うスタイルもスタンダードで、9mmドライバーはワイヤレス入門モデルとして十分なクリアネスを実現。バッテリー駆動時間は7時間と十分な長時間再生を確保しているので、完全ワイヤレスでは通勤・通学時間に足りない人にもオススメしたい。


5色のカラバリも入門モデルらしくカジュアルにデザインで選べる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。