人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.30

EvernoteとビジネスチャットアプリSlackを連携させる3つの方法

Evernoteからメッセージアプリ「Slack」との新しい連携機能が公開された。すべてのアイデアを保管するEvernoteと、そのアイデアを他の人に共有するSlackを組み合わせて使うことで、情報を探す時間を削減し、仕事をさらに効率化できるようになる。


「/note」で自分用のメモを作成


「/note」コマンドを使うことで、Slackでの会話から離れることなく、自分の考えやアイデアを Evernote に書き出せる。作成されたノートは規定のノートブックに保存され、それ以降「/note」コマンドを実行するたびに、入力したテキストが同じノートの最後に追加されていく。なお、このコマンドで作成されたノートは自分のみが閲覧でき、Slackの会話相手に表示されることはない。

「/clip」で添付ファイル・会話全体をクリップ


「/clip」コマンドを使うことで、Slackの会話(画像・PDF などの添付ファイルも含む)を Evernote に保存できる。日付や期間、特定のメッセージの指定も可能だ。たとえば、「/clip June」で6月にやり取りしたすべてのメッセージを、「/clip since 2017-06-25」で 2017年6月25日以降にやり取りしたすべてのメッセージを、Evernoteに新規ノートとして保存することができる。

「/find」で知識をチームに共有


「/find」コマンドを使うことで、Slack内から自分のEvernoteのノートを検索できる。たとえば、「/find プレゼン資料」と入力すると、タイトルまたは本文に「プレゼン資料」という単語を含む Evernote のノートを検索し、関連性の高い上位3個のノートを表示する。検索結果の下に表示される「ここに投稿」ボタンをクリックすれば、見つかったノートをSlackで簡単に共有できる。

関連情報

http://blog.evernote.com/jp/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。